どんな土地でも工夫次第

家を建てるならば、どんな家を建てたいですか?

やっぱり、広い敷地に広い庭、大きなお屋敷?

もしも貯金がたくさんあったり、親御さんからの資金援助がたくさん

あって、かなりの自己資金を用意出来るのであれば、可能かもしれません。

そうでない場合は、家を建てた後の生活に無理がないように、なるべく

家づくりに掛ける予算を減らしたいですよね。

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

では、出来るだけ予算を抑えた家づくりを成功させるためには

どうしたらよいでしょう?弊社では、こんなご提案をしています。

 

 

その一つとして、弊社ではどんな土地でもその土地の条件に左右されない家を設計し、

ご提案出来るようにしております。

 

 

例えば、南側道路の日当たりの良い土地は人気がありますが、

その日当たりの良さをそのまま利用すると、道路や周囲からの視線が

気になり、結局カーテンを閉めっぱなし、結果風も通せずおまけに

防犯性にも優れていない・・・。そこで、周囲からの視線を遮ったり、防犯性を

高めるため、外構工事にお金をかけて植栽や塀を設ける・・・。

余計な出費が増える・・・。なんていうことになりかねません。

 

 

弊社では、このような土地とは逆の、北側であまり日当たりが良くなさそうな

土地でも、充分に明るさを確保し、風通しや防犯性に優れた快適な家を

ご提案しております。

 

 

南側で日当たり良好な土地と、北側で日当たりの悪い土地とでは、

場合によっては坪単価が2~3万円違うこともあります。

そうなると、50坪の土地では100万円~150万円の差が出てきますし、

60坪以上の土地では200万円以上差が出てくることもあります。

 

 

このように、土地購入費用を少しでも安く抑え、外構工事費用を削減する

ために、設計を工夫してご提案したいと思っております。

 

 

それでは・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ