パッシブデザイン

パッシブデザインを応用してエコを極める

パッシブデザインとは、エアコンを使わず、太陽の光、熱、

風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、

快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことです。

石原工務店は、機械に頼らないその土地の特徴を活かした設計手法で、

最高の省エネ、快適性をめざします。

 

四季それぞれの良さを取り込む生活

 

 

夏のパッシブデザイン

夏の光を遮り、室内を涼しくすることが何より重要になります。窓から入る日差しをコントロールし、自然風を室内に吹き抜けさせることで涼しく快適な室内にしていきます。自然風を多く採り込むためには、卓越風(ある土地で月ごと、または年間を通して一番吹きやすい風向)を利用します。その他、周辺の建物や地形も考えられた計画も必要です。

 

 

冬のパッシブデザイン

冬のパッシブは断熱性能を高める、日射熱を室内に採り込むとがポイントになります。断熱性能を高めると、建物全体の保温性能が上がり、少ない熱で室内を温めることが可能になります(夏はエアコンで冷やした室内を保温します)。断熱性能が高い建物は、日中に採り入れた日射熱を外に逃さず室内に蓄熱するので、気温変動が小さく、暖房の利用が最小限になるので光熱費を抑えられます。また、暖かな部屋はヒートショックのリスクの低減にもつながります。

 

 

通年のパッシブデザイン

一年を通して、日中は人工照明に頼らず太陽光をそのまま利用します。2面以上の窓を設けて自然光を採り入れる「採光」と、窓から入ってきた光を奥へと導く「導光」を考えながら設計をしていきます。

 

石原工務店の家づくり トップへ戻る

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
ページ上部へ