減築のすすめ

減築のすすめ

減築とは、建物を改築する際に、床面積を減らすことであり、増築の逆です。

家のリフォームと言えば、まず増改築を思い浮かべると思いますが、子供が独立した後、二人暮らしになった夫婦や、ひとりになってしまった、家族の体が不自由になってしまったというタイミングでリフォームする場合に、減築という選択肢が出てきます。

家の規模を減らすという作業ではありますが、期待できる効果は色々あります。いくつかメリットを考えてみましょう。

メリット

日常の家事・掃除がしやすくなる

生活動線、家事動線を見直して、コンパクトにすることで、日々の暮らしやすさが向上します。

バリアフリー

2階建ての家を平屋にして階段をなくしたり、リフォームによって段差をなくして室内をバリアフリーに出来ます。

メンテナンスコスト節約

建物のメンテナンスの際に、工事範囲が少なくすむため、メンテナンスコストが抑えられます。

耐震性の向上

現在の耐震基準に合わせて補強工事をしたり、2階建てを平屋にした場合、耐震性の向上が期待できます。

冷暖房費の節約

部屋数が減れば、その分光熱費が抑えられます。風通しや採光を改善し、冷暖房を効率的に出来ます。

税金が安くなる

家の延べ床面積によって決まる固定資産税が、減築によって減額される。

慣れ親しんだ場所で暮らせる

今現在の家をリフォームするため、住み慣れた環境を離れなくてすみます。

新築・建て替えよりもローコスト

今現在の基礎を利用できるため、大きなコストがかかる基礎工事をしない分、費用がおさえられる。基礎に問題がなければ、通常の場合、新築工事費用の7~8割ですむと言われています。目安は1000万程度と言われています。

デメリット

工事中の仮住まいが必要

家全体の工事になる場合がほとんどのため、一時仮住まいをする必要があり、その分のコストがかかります。

物が収まりきらない場合がある

流行の断捨離のチャンスでもありますが、物が多い場合、家の規模を小さくすることで、収まりきらなくなるため、注意が必要です。

 

減築による、メリットばかりでなく、デメリットもありますが、今現在の家への不満や不安が解消されるようリフォームを成功させ、より豊かで満足度の高い生活を送れるようになるといいですね。

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ