身の丈に合った予算で

家づくりのための予算決めは、家を建てると決めたらまず

取りかかっていただきたい大事な作業です。

 

 

よく、住宅ローンの返済額は手取り月収の25%くらいまで大丈夫だと

いわれますが、果たしてあなたの家計でも大丈夫でしょうか?

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

例えばの設定でお話しましょう。

わかりやすくボーナスなしで話をすすめます。

例えば夫婦共働きで、ご主人の月収の総支給額が30万円で手取りが約24万円、

奥さんの月収の総支給額が20万円で手取りが16万円だとします。

そうすると世帯手取り約40万円だと思います。

 

 

ここから、よく言われる25%くらいの返済額を計算すると、約10万円までです。

本当に大丈夫なのかシュミレーションしてみましょう。

 

 

現在賃貸アパートに住んでいて、お子さんが二人保育園に通っていると仮定します。

家計シュミレーションは、ざっくりこんな感じでしょうか。

・家賃(共益費、駐車場代込み) 7万円

・食費 5万円

・雑費 3万円

・保育料(二人分) 6万円

・携帯料金(二人分) 1.5万円

・電話、インターネット、新聞代 1万円

・ガソリン代 2万円

・生命保険料 3万円

・自動車保険料 1万円

・光熱費 2万円

・小遣い 3万円

・車のローン 2.5万円

・車検(月賦) 1万円

・貯金 2万円

 

出費の合計は40万円です。

ご家庭によって、違うと思いますが、だいたいこんな感じでしょうか?

 

 

とすると、果たして毎月10万円の住宅ローン返済、大丈夫でしょうか?

このまま収入にも支出の中身にも変更がなければ妥当な住宅ローン返済額は、

おそらく7万円までですよね?

 

 

しかも、家を持つと、賃貸の時にはかからなかった固定資産税や、将来の

修繕費などが必要になります。なので、貯金にまわせていた2万円は、

これらにあてることになりそうです。そうなると、家族旅行や将来にむけての

貯金がかなり難しくなります。

 

 

建ててしまった後でこのような失敗に気付く・・・

などということがないよう、ご自分の家計の収支をしっかり把握し、

資金計画をしっかり実践してください。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ