注文住宅のトイレってどのように選ぶの?選び方について解説します!

どの家庭にも必ずあるトイレですが、注文住宅を建てる際に、トイレについてしっかり考えないと後々後悔してしまうなんてことも…。
実はトイレ一つとっても種類が異なる場合があるので、決めることがたくさんあります。
そこで今回は、注文住宅におけるトイレの選び方について解説します。

 

 

トイレの種類の違いとは

一概にトイレといっても、排水方式やトイレのタンクの有無などが異なるため、その種類は様々です。
これらの種類ごとに特徴が異なるので、どのような種類があるか把握しておいた方が良いでしょう。
まず、トイレの排水方式には大きく分けて二種類あります。
一つが「床排水方式」と呼ばれる方式で、もう一つが「壁排水方式」という方式です。
床排水方式とは、トイレ内部の排水管から床を通じて排水する方式です。
この床排水方式は一戸建てのトイレに見られることが多く、排水管が見えないタイプのほとんどはこの床排水方式であると言えるでしょう。
床排水方式のメリットとしては、排水管が見えないため見た目がすっきりするのと、壁排水方式に比べて節水できるという点です。
もう一つの壁排水方式は、便器の後ろあるいは横の壁に排水管を通して排水する方式のことを指します。
先ほどの床排水方式が一戸建てに多く採用されているのに対し、壁排水方式はマンションなどに多く採用されています。
壁排水方式のメリットは、水を流す音が響きにくいという点や、床排水方式が対応不可能な場所でも設置できるという点でしょう。
また、トイレの種類はタンクの有無についてでも分けられます。
タンクレスタイプのトイレの特徴としては、空間を広く使えるため、見た目がすっきりするという点です。
タンク付きのタイプの特徴としてはタンクレスのトイレよりも比較的リーズナブルな点です。

トイレの位置を決めるポイント

注文住宅を設計する際に、トイレの位置も考える必要があります。
例えば、二階建ての住宅の場合、二つ配置するのか一つだけなのかといった数によっても、適切なトイレの場所が異なります。
また、玄関の近くにトイレがあると来客があった時にお客さんにトイレの出入りがわかってしまったり、音が気になったりと不便です。
他にも高齢者の方が一緒にお住まいの場合であれば、高齢者の寝室の近くにトイレを設置すると良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、注文住宅におけるトイレの選び方についてご紹介しました。
注文住宅を自由設計で建てるとなると、トイレの位置や間取りなども考慮する必要がありますよね。
トイレごとにも特徴があり、場所によっては設置できないタイプもあるので事前に確認しておきましょう。

 

それでは…

イベント情報です。是非いらしてください!
最新イベント情報

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ