注文住宅を建てたい方!住宅ローンの控除について解説します

「注文住宅を建てたい」
「住宅ローンについて詳しく知りたい」
そのような思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、住宅ローンを受けられる要件や控除のための手続き方法について詳しくない方も多いはずです。
そこで今回は、住宅ローン受けられる要件や控除のための手続きについて解説します。

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

□住宅ローンの要件

住宅ローンを借りたい人が何歳でも借りられる訳ではありません。
未成年が住宅ローンを受けられないのはもちろん、年齢の上限もあります。
一般的には、住宅ローンを受けられるのは20歳から60〜65歳までで完済は75〜80歳です。
しかし、これはあくまでも目安なので、銀行によっては異なるかもしれません。
住宅ローンを受けることを考えている銀行に事前に確認しておきましょう。
また、銀行はお金を貸すので、その人に返済能力があるかを見極めるために、年収が1つの基準として扱われます。
具体的には、一般的に最低200万円から400万円程度が借りたい人に必要な年収です。
ここで注意しておきたいのは、年収によって借りられる金額が異なることと、最低年収も金融機関によって異なることです。
この注意点も事前に確認しておきましょう。
また、団体信用保険というものもあります。
住宅ローンを借りた人が万が一死亡なので、住宅ローンを払えなくなった際に、保険期間が代わりに銀行にローンを払ってくれる保険です。
保険に加入するということはもちろん保険料がかかるのである程度の費用は必要です。

 

□控除のための手続き

「高額な住宅ローンを返済できるか心配」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
住宅ローンの控除とは経済的な負担を減らすために、一定の割合に相当する金額が所得税から控除される制度のことをいいます。
住宅ローン控除を受けるためには確定申告をしなければなりません。
確定申告を行う方法は必要書類を用意して、記入した後、税務署に提出します。
必要書類は様々あるのに加えて、記入方法は指定されているので確認しておきましょう。
必要書類が揃わないと、控除が受けられないため注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、住宅ローン受けられる要件や控除のための手続きに解説しました。
住宅ローン受けられる要件や控除のための手続きについてご理解いただけたでしょうか。
注文住宅をご検討の方、住宅ローン受けられる要件や控除のための手続きについてより詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

それでは・・・。

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/list/

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
ページ上部へ