変動か固定か

住宅ローンには、大きく分けて2種類あります。変動型の住宅ローンと、固定型の住宅ローンです。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

朝から結構敬遠されがちなお金の話ですみませんが、大事なことなので繰り返しお話していこうと思います。

 

 

それぞれの住宅ローンの特徴はというと、

変動型の住宅ローンは、市場の動向により金利が変わります。

固定型の住宅ローンは、最初に決められた金利は最後まで変わりません。

変動型の住宅ローンは、金利が固定型に比べると安く、借りる際必要な初期費用も安いのが特徴です。

固定型の住宅ローンは、金利が変動型に比べると高く、初期費用も高いのが特徴です。

 

 

 

どちらもメリット、デメリットがあり、どちらの住宅ローンを選べば正解ということの答えはないの

ですが、それぞれの特徴を理解し、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

住宅ローンは、長期間で返済していく方がほとんどだと思います。そこで、変動型の特徴を考えると、

市場の動向の影響で金利が変わるので、返済期間中に金利が上昇して返済金額がアップしてしまうリスク

があります。

 

 

 

変動型の住宅ローンを選ぶ場合、このようなリスクに備えておかないといけません。そのためには、貯蓄

ですね。毎月1万円でも2万円でも貯蓄していくことが出来れば、繰り上げ返済なども出来ます。万が一

金利が上がってしまっても、備えていれば慌てずに済みます。

 

 

 

気が重くなってしまう問題ではありますが、是非じっくり考えてください。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
ページ上部へ