土地探しから慎重に

土地の価格は、その地域などによって、だいたいの相場が存在します。

ですが、その土地自体が持つ特徴や、売主側の事情、仕入れコストにより、値引き交渉が可能であったり、

価格設定に多少差が出てきます。

 

 

たとえば、非常に人気の高いエリアの土地を購入したいと考えている場合、価格設定は高いでしょうし、

売れることはわかっているので、なかなか価格交渉には応じてくれないかもしれません。

それでも無理して土地代にお金を掛け過ぎてしまい、家の建設費にあてるお金が大幅に減ってしまったり、

毎月の返済が非常にきつくなってしまう可能性があります。このような事態になると、結構困ってしまいます。

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

例えば、具体的な数字を出して説明すると、自己資金500万円用意出来ていて、毎月の住宅ローン返済額を10万円前後に抑えようとするならば、総予算はおよそ4000万円前後になります。

土地や家の建設費以外に200万円程必要なので、差し引くと3800万円位で土地購入、家の建設、外構工事などをすることになります。

 

 

そこで、土地購入のために、結構人気の土地を頑張って買ってしまい、2500万円もの費用を使ってしまったとします。土地代以外にも、境界費25万円、水道加入費10万円、固定資産税精算金3万円、所有権移転登記12万円と仮定して、残った1250万円の予算で家を建てて、外構工事をしなければなりません。

かなり厳しくなってしまいました・・・。

 

 

やはり土地探しの段階で、もう少し費用を抑えていく必要がありそうです。

 

 

もしも、少しだけ選択エリアを変えることによって希望する条件に割と近く、それでいて価格的にももっと

魅力的な土地を見付けることが出来そうだとしたら、予算も結構変わってきます。

例えば、坪5万円安くなり、価格交渉もしてさらに1万円安く出来たとしましょう。50坪ならば300万円ほど安く買えてしまうことになります。

 

 

家づくりに掛かるお金はとてもシビアに考える必要がありますね。希望すること全部を叶えようとするならば、

とても費用が掛かってしまいます。なので、土地選びは、選択肢を増やしておくと考え方次第でその先の可能性が広がりますので、そのことを頭に入れておいていただければと思います。

 

 

それでは・・・。

 

 

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

 

https://www.ishihara396.com/contents/category/event/

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ