住宅ローンの返済があっても楽しめるように

住宅ローンを組んで家を建てると、毎月結構な額の返済があります。

なので、余計な出費は抑えたいところかもしれませんが、年に1回位は

旅行に出掛けたいですよね。

 

ですが、1泊2日でも、旅行って結構お金が掛かるものですよね。

例えば家族4人で宿泊費や交通費、食事代などを計算してみると、10万円程掛かって

しまいます。なかなか痛い出費ではありますが、子供が喜ぶ顔や自分たちの

リフレッシュのために行きたいですよね。

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

出費は痛いけれど旅行に行くためには、コツコツとお金を貯めていくことが望ましい

と思います。なので、毎月の住宅ローン返済額を少しでも安く抑えられれば・・・。

今回は、安く抑えられる方法を模索してみましょう。

 

一つ目の方法としては、金利の安い商品を選ぶことです。

 

例えば土地購入と家の建築費で3000万円の住宅ローンを組むとしましょう。

金利の安い商品を選べば78、500円の返済になるとします。それに対し、高い

金利の商品を選んだ場合87,500円の返済金額だとします。その差は9,000円

にもなります。

 

この差額を貯金にまわせれば、旅行に行けますよね。

 

ですが、安い金利の商品は変動型なので、金利が上がるというリスクはあります。

 

二つ目の方法としては、自己資金を増やすか、予算そのものを減らすことです。

 

仮に300万円の自己資金があれば、住宅ローンの返済にも少しは余裕が出てきます。

自己資金がどうしてもないという場合は、返済が苦しくない金額まで予算を減らす

しかないと思います。

 

三つ目の方法としては、予算を減らし、且つ自己資金を増やすことです。

 

一番理想的です。

満足出来る家を出来るだけ安く建てる工夫や、出来るだけ安く土地を購入する工夫、

その他外構工事費などを抑える工夫が必要ですが、家が建ったあとに、返済のために

家族の楽しい暮らしが犠牲になることがありませんように!

 

それでは・・・。

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ