ぞっとする話

暑い日が続きますね。夜も熱帯夜が続き、寝苦しい毎日です。なので今回は、

少しでも涼しくなるように、以前あるリフォーム会社の方に聞いた、ぞっとする話です👻

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

さて、築20年の住宅を大規模リフォームした時のことだそうです。

そのお宅は3階建で、構造計算がしっかりされており、計算上は大きな地震に

も耐えられる設計となっておりました。ところが、実際室内の解体を始めてみた

ところ・・・。驚愕の事実が判明したのです。

 

 

そのお宅は、耐力壁という耐震パネルで耐震強度を持たせ、柱の外側と内側の

両方にパネルを設置した状態の耐震計算をしていました。

ところが、実際壁を壊して中を見てみたところ、柱の内側の耐震パネルは

ありましたが、釘の間隔、施工範囲が全然守られていないことがわかりました!

これでは、耐震パネルが全く役割を果たしていません!なんということでしょう!

 

 

しかも、さらに驚愕の事実が!

図面上しっかり記載されている耐震金物が全く施工されていないではないですか!

本当になんということでしょう!!

そこに20年も知らずに暮らしていたなんて・・・。しかも、リフォームしなければ

その後もそのまま暮らしていたかもしれないなんて。ぞっとしますよね。

 

 

そのお宅は、再度耐震計算してもらったうえ、リフォームと併せて出来る限りの

耐震補強をしたそうです。

 

 

近年、日本各地で大きな地震が起きています。私たちが住む地域も決して他人ごと

ではありません。大きな地震から、家族や財産を守らなければなりません。

 

 

図面と実際が違うなどということがあってはなりません。

けれど、素人には図面の見方もわからないのに、しっかり施工出来ているのか

どのようにチェックしたらよいのだろうか?と不安になりますよね。

ご安心ください。現在では、耐震金物や耐震パネルが図面通りしっかり

施工されているかしっかりチェックする仕組みがあるんです。

県と瑕疵担保履行法により指定された第三者保険機関がダブルチェックする

ようになっているんです。なので、このような不正が起こることはなくなりました。

 

 

先日、弊社で施工中の現場もこのチェックを受けました。なのでもちろん、

弊社施工の住宅も安心して暮らしていただけますよ。

 

 

また、弊社ではより地震に強い家づくりのため、可能ならば”平屋”も提案させて

いただいております。平屋が難しく、2階建ての場合は、出来る限り1階を大きく、

2階を最小限につくるようにしています。

 

 

耐震、防犯、プライバシーを強化しつつ、快適な暮らしが出来る家づくりを日々

目指しております。

 

 

それでは・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ