気になる、教育にかかるお金の話

 

 

夏休みシーズン前、テレビを見ていると学習塾の夏期講習募集CMが流れていました。
新聞にも同様に学習塾の宣伝欄を見かけ、ちょっとした日本の夏の風物詩になっているなと感じています。


様々な習い事や学習塾があり、子どもの選択肢が増えている世の中です。
しかし、周囲の話を聞いてみると、
子どもの教育資金に関して不安に感じている人が多いようです。


私自身も二児の父親として、子どもの選択肢を狭めたくないという思いがあります。

今回は、子どもが幼稚園から大学までにかかるおおよその教育費を調べてみました。


≪幼稚園≫
・公立…約70万円
・私立…約150万円


≪小学校≫
・公立…約190万円
・私立…約920万円


≪中学校≫
・公立…約140万円
・私立…約390万円


≪高校≫
・公立…約122万円
・私立…約298万円


≪大学≫
・国公立…約516万円
・国公立(医学部 6年間)…約350万円
・私立(文系)…約688万円
・私立(理系)…約803万円
・私立(医学部 6年間)…約3200万円


全て私立に進んだ場合、約2456万円~4968万円。
国公立に進んでも、約943万円。
高校卒業までにも約527万円~約1768万円ものお金がかかります。


定期開催している「家づくり大相談祭」では
私たちも、お子様がいらっしゃる方から、
家づくりのご相談を受けることが多いですが、
このような場合には、こういった将来設計も含めて資金計画を考え、
お話をさせて頂いております。


資金計画で不安要素を残すことなく、安心してマイホームを建てられるよう、
当社ではお客様をしっかりサポートしていきたいと思います。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ