注文住宅を購入する際に参考にしたい!住宅ローンの必要書類をまとめました!

「住宅ローンってどんな流れで進むの」
「必要書類ってなにがあるの」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、注文住宅を考えている方に向けて、住宅ローンの流れと書類が必要なタイミングについて分かりやすくご紹介します。

おはようございます。
石原貴司です。

 

書類をそろえる4つのタイミング

住宅購入から引き渡しまでたくさんの手続きがあり、その度に必要書類があります。
住宅ローンは4つのタイミングに分けて処理を準備するのがおすすめです。
この4つの段階をご紹介しましょう。

はじめに、業者と購入相談や資金計画をし、次に不動産会社で売買契約を行います。
3段階目で、住宅ローンの本審査が通過すれば、住宅ローン契約を結びます。
この際、さまざまな必要書類があるので、後ほどご紹介します。
最後に、代金や仲介手数料の残支払いや登記申請に必要な書類を用意しましょう。
その後は引き渡しを待ちましょう。

住宅ローンの流れと必要な書類

ポイントとなるのが、2段階目の売買契約から3段階目の住宅ローンの流れでしょう。
また、この期間は2週間程で進めるため、慌ただしくなりやすいでしょう。
時間に余裕を持って、必要書類を取得しましょう。

この住宅ローンご利用の流れについて詳しくご紹介します。

*事前審査について

売買契約後は住宅ローンの事前審査の申し込みをしましょう。
本審査だけでも問題はありませんが、審査が通らない場合もあるので、契約前に確認しておきたいですよね。
事前申し込みには、申込書以外にも、本人確認書類や収入確認のための源泉徴収票のコピーが必要になる場合が多いです。

*本審査について

事前審査が通った場合はいよいよ本審査です。
ここでは、さらに詳しい所得確認の書類が必要です。

まず本人確認書類では、運転免許証以外にも住民票や印鑑証明書も用意しましょう。
これらの書類は居住地の自治体で発行されますが、発行後3カ月以内などの制限があるので注意してください。

収入に関する書類では、住民税の決定通知書や課税証明書が必要です。
また、給与所得者、自営業者、法人代表者によって準備する書類が異なります。
さらに、不動産会社などから渡された物件確認書類も紛失しないように保管しておきましょう。

*住宅ローン契約について

本審査通過後は、金融機関と住宅ローン契約を結びます。
この契約の時点で、住宅ローンの金利の種類や返済期間などが決定します。
必要書類は金融機関によって異なるので、必ず事前確認をしましょう。

 

まとめ

書類が必要になる4つのタイミングと特に重要な住宅ローンの流れについてご紹介しました。
契約や書類の用意が大変ですが、しっかりと計画を立てて、漏れがないようにしましょう。

 

それでは…

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

☆最新イベント情報☆

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ