注文住宅を検討中の方へ!二世帯住宅を建てる際のポイントは?

二世帯住宅とは親世帯と子世帯が同居する生活スタイルのことですが、二世帯住宅にはいくつか種類があることをご存知でしたでしょうか。
将来的に二世帯住宅に住む可能性がある方は建て方とともに確認しておいた方がよいでしょう。
そこで今回は、二世帯住宅のスタイルと建てる際のポイントを紹介します。

おはようございます。
石原貴司です。

 

二世帯住宅のスタイルとは

二世帯住宅には分離型・共有型・融合型の三種類があります。
分離型の場合は親世帯と子世帯の生活空間が完全に分離されており、共有型では一部を、融合型ではほとんどの空間を共有します。
これらの違いは玄関やキッチン、浴室やリビングの違いとして現れます。
二世帯住宅のうちどの型を選ぶべきかは、親世帯と子世帯がどのように関わるかによって決まるでしょう。
お互いに気兼ねせずにプライバシーを尊重したい場合は分離型を、ライフスタイルの違いを尊重しつつも会話を大切にした場合は共有型を、大家族ならではの相互協力が大切な場合には融合型を選んでみてはいかがでしょうか。

 

二世帯住宅を建てる際のポイントとは

この章では二世帯住宅を建てる際のポイントについて紹介します。

第一に不動産にかかる費用や生活費の負担を明確にすることが挙げられます。
世帯それぞれが希望の設備を好き勝手に追加すると費用は膨らんでしまうでしょう。
予算を事前に設定しつつ、譲れない条件を明確に決めておきましょう。

第二に将来を見据えた間取りと設備を揃えることが挙げられるでしょう。
高齢になる親世帯や、子どものことを意識した間取りと設備を揃えましょう。
例えば、階段に手すりを設置することや子ども用の遊び場として利用できる部屋を確保しておくことが挙げられるでしょう。

第三にプライバシー空間を確保することが挙げられるでしょう。
人間関係のトラブルや生活習慣のずれなど、実際に住んでみて初めて分かることはどうしても存在するでしょう。
それぞれの世帯の生活と考え方を尊重するためには個人の空間を確保することも大事でしょう。

以上の三点に共通していることは、世代や考え方の違いから生じるズレを互いに尊重し合うことが大事であるということでしょう。

 

まとめ

今回は二世帯住宅のスタイルと建てる際のポイントを紹介しました。
どの二世帯住宅のスタイルであっても、互いの配慮があって初めて成立します。
二世帯住宅に住みたいと考えている方は、まず世帯間で理想の家について話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

 

それでは…

イベント情報です。是非いらしてください!
☆最新イベント情報☆

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ