注文住宅をお考えの共働きの方へ!ペアローンについて解説します!

住宅ローンの一つであるペアローンについてご存知でしょうか?
共働きのご夫婦が住宅ローンを組む際のローンの一つですが、詳しくご存知の方は少ないですよね?
また、収入合算との違いもよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
一体ペアローンとはどのような仕組みなのでしょうか?

おはようございます。

石原貴司です。

 

ペアローンの特徴とは?

共働き夫婦で、夫と妻の両方が安定的な収入を得ている場合に、夫婦で別々のローンを組むことをペアローンと言います。
言い換えれば同じ家を建てるために二つのローンを組むということです。
ペアローンは収入合算と混同されがちですが、収入合算とは一定の収入のある親族の収入を申込者の収入に合算する方法で、合算した金額を元として住宅ローンを借り入れるのが収入合算です。

ペアローンのメリットとは?

ペアローンは夫と妻がローンを別々に組むため、単独で借り入れられる額よりも借入額を増額できるというメリットがあります。
また、住宅ローン控除を個別で受けられるという点も大きなメリットです。
住宅ローン控除とは、マイホームをローンで購入した場合において、一定の割合に相当する金額が所得税から控除される制度のことで、住宅ローン控除を利用することで、住宅を購入する際の経済的な負担を軽減できます。
他にも契約が複数となることで、返済方法に様々な種類があるといったメリットもありますよ。
さらに、ペアローンでは団信と呼ばれる団体信用生命保険にもそれぞれ加入できますが、収入合算の場合だと連帯保証人は団信に加入できず、住宅ローン控除も対象外です。
しかし、通常の住宅ローンが夫婦どちらかのうち片方がなくなった場合にもう片方の債務は完済されるのに対して、ペアローンの場合は片方が死亡して団信が適用されてももう片方の分の債務は残ります。
したがって配偶者がなくなっても、自分の住宅ローンは払い続けるというデメリットがあるでしょう。
また、ローンを複数組むので、手続きに必要な登記費用などの諸費用が増えるといった点がデメリットです。
しかしこれは、夫婦それぞれが住宅ローン控除や団信の対象になるため、諸経費分は回収できると考えられます。
他にも、借入可能額が増えることが返済リスクを高めることにもつながるので、長期的な目線で返済計画を立てておく必要があります。

 

 

まとめ

今回は、ペアローンについてその特徴やメリット、デメリットなどを紹介しました。
今回紹介したように、ペアローンにはメリットもあればデメリットもあります。
ペアローンを受ける際は事前によく考えてから決めると良いですね。

 

それでは…

イベント情報です。是非いらしてください!
最新イベント情報

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
ページ上部へ