家を持つと色々とお金が掛かるので

家を持つと、月々の電気代、ガス代、水道代などのいわゆる光熱費としての出費、また、土地と建物のそれぞれに掛かる固定資産税という出費、さらに何年かおきに必要となる修繕費など様々なお金が掛かります。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

家づくりをする時に、建築コストばかり気にしてしまいがちですが、建てたその後に掛かってくる様々なランニングコストのことも最初から考えて、出来るだけ抑えられるように計画することをおすすめします。

 

 

 

ランニングコストを少しでも抑えるために、必要なことはとてもシンプルなことです。家にお金を掛け過ぎないことです。

 

 

 

まずは、家のサイズを必要最低限にすることです。建築費は家の大きさに比例しますので。そして、無駄を極力なくすことです。例えば、ただ通るだけの廊下や、ただ寝るだけの部屋、ほんの数年しか使わないであろう子供部屋、ほとんど使わない和室など。このへんを良く考え、必要最低限に抑えつつ、住みやすさを損なわないように家づくりを進めていただければと思います。

 

 

 

家の面積が最小限ですめば、建築費用が最小限に抑えられますし、ランニングコストも連動して抑えられます。固定資産税も安く抑えられます。そして、日々の家事も少し楽になるのではないでしょうか。

 

 

 

家を持つと色々とお金が掛かるので、このようなことを頭の片隅におきながら家づくりを進めていただければと思います。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/list/

 

 

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ