北側に道路がある土地は

良い土地ってどういう土地なんでしょう?

南側が道路になっている土地は、非常に人気がありますが、やはり値段も高いです。北側に道路がある土地は、南側に道路がある土地と比べると人気度は下がりますが、設計の工夫によっては、とても快適な家が建てられる可能性があるんです。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

南側に道路があると、リビングが人目にさらされやすいというデメリットを、このブログでも何度もお話していると思います。その反面北側に道路がある土地の場合、道路と反対側にリビングが配置されることが多いので、人目にさらされる心配が少なくなるんです。さらに、南北に長い土地だと日当たりの確保も出来そうですね。

 

 

 

メリットもあれば、デメリットもあります。北側に道路がある土地だと、景観に注意が必要です。どういう事かというと、家の北側の面というのは、水回りを配置することが多いです。また、階段も北側に配置されることが多いです。そのため、大きさや形がバラバラの窓が配置される可能性が高く、結構バランスが難しいんです。

 

 

 

また、水回りの近くには、給湯器や換気扇カバーなどが設置されることが多いので、ゴチャゴチャしてしまいます。これも、北側の面をバランスの悪い景観にしてしまう原因となります。

 

 

 

そして、窓や換気扇カバーなどは上の部分にホコリが溜まりやすく、そこに雨が降ると両サイドから垂れて壁を汚す原因になります。バランスが悪いだけでなく、汚れやすくなってしまうんです。北側に道路がある家は、北側が家の正面になりますから、なるべく汚れの原因になるものを配置したくないですね。

 

 

 

ということで、北側に道路がある土地の場合は、家の正面になる北側の窓の配置や換気扇や室外機などの配置に気を付けたり、設計で工夫する必要があります。

 

 

 

工夫次第で、どんな土地にも快適な家をつくることが出来るんです。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/list/

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ