本当に必要か考えましょう

プライベートな空間である、寝室や子供部屋などは、2階建ての住宅の場合、2階に確保されることが多いですよね。そのほうがひとつひとつの部屋をゆったりつくることが出来ます。収納もたっぷり確保出来ることが多いですよね。ですが、その反面、1階の収納が思ったほど確保出来ないということが多く、散らかりやすくて、なかなか片付かない家になってしまいがちなんです。このような問題を解決するために、ちょっと考えてみませんか?

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

例えば、子供部屋ですが当たり前のように2階につくり、しかも6帖という広さをとっていることが多いですが、よく考えてみてください。子供は小さいうちは親と一緒に過ごしますので、ほとんど子供部屋を使いません。そして成長して、やがては家を出てしまいます。そのため、将来的なことまで含めて考えると、1階に子供部屋をつくることをオススメします。そして、6帖の広さは本当に必要か考えると良いでしょう。こういった工夫だけでも、子供が部屋を使いやすく、部屋が片付く家づくりが実現できると思います。

 

 

 

そして、当たり前のことを考え直していくと、コストダウンにもつながります。

例えば、2階の寝室の広さも、ウォークインクローゼットがある場合など、ベッドさえ置ける広さがあれば充分ですよね。無駄に広くする必要はないんです。

 

 

 

また、当たり前のように廊下がありますが、この廊下も限りなく減らす工夫が出来ると良いと思います。廊下があることで、家の中には温度差が生じやすいですし、減らせばコストダウンにもつながりますので、本当に必要なのか考える余地がありますね。

 

 

 

家づくりには、当たり前を一度見直すこともとても大切なんです。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/list/

 

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
ページ上部へ