家の建築費用とランニングコストを最小限に抑える

年々電気料金が上がってきていますね。太陽光サーチャージと呼ばれている再生可能エネルギー賦課金が上がっているからですよね。これからの家づくりにおいては、建築費用などの初期費用だけではなく、ランニングコストも考えていく必要がありますね。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

ランニングコストを減らすために重要なことは、見えないところへの投資をケチらないことです。まずは、断熱性能を高くすることです。初期費用を削減するために断熱材をケチってしまうと、かえって住んだあとのランニングコストが高くなってしまうかもしれません。見えないところだから・・・ではなく、見えないところにこそお金を掛ける必要があるということを意識しましょう。

 

 

 

そして、家を無駄に広くしないことも大切です。必要なところはしっかりおさえて、無駄を省き、可能な限りコンパクトにつくることも意識すると良いでしょう。必要以上に広い部屋は、建築費用もランニングコストも上がる原因となります。廊下も、無しで可能なら初期費用やランニングコストの削減になります。

 

 

 

目に見えないところでもお金を掛けるべきところにはしっかりお金を掛けつつ、極力無駄を省いたコンパクトな工夫された家は、家づくりの負担を少しでも軽くしてくれます。そして、住んだ後も豊かで楽しい生活を送るための秘訣と言えるでしょう。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ