南側に窓がない!

家の正面が南側に面しており、日当たりがとても良好なのに、その南側に窓がない!という、一般的にびっくりな家が、弊社がご提案するプランには存在します。それは、南側に大きな窓をつくったとしても、どうせ外から丸見えになってしまうのでカーテンを閉め切った状態になってしまうからです。そのため、世間の常識を覆し、南側に窓がないというプランが誕生するのですが、シンプルで美しい外観です。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

すべての土地の条件で実現出来るわけではありませんが、シンプルで美しい、おしゃれな家を出来る限り最小限の予算で、現在から老後の未来までを見据えて住みやすくと考えるならば、平屋がとてもおすすめです。

 

 

 

南側に窓がないびっくりな家も、住み心地の良さを充分に考えたプランで、採光、風通し、プライバシー性、防犯性、動線、耐震性など老後まで見据えて考えられた平屋のプランです。

 

 

 

採光を考えつつ、外からの視線が気にならないように窓を設置するので、室内は明るく、カーテンは不要です。カーテンもないので、窓を開けっぱなしにしておけば風が通ります。家の中がカラッとしますね。

 

 

 

また、外からの視線が気にならないので、家の中でパジャマ姿でだらだら・・・なんていうこともできます(笑)プライバシー性は高いですね。

 

 

 

 

中の様子がうかがえる窓がないということは、外から見る人にとっては、どんな家なのかまったく想像がつかないわけです。防犯面でもとても安心です。

 

 

 

洗濯物も外からは見えないところに干しますし、家事動線がとても優れているので、日々の洗濯の一連の動作が楽にこなせます。その他の家事動線も、ワンフロアで済むので楽です。

 

 

 

そして、平屋という構造は、上からの荷重も少ないうえに、風や車両等による振動の影響も受けにくいため、耐震性に優れています。

 

 

 

南側に窓がないのに、何も問題なく、快適に暮らせる家って一体どんなプランの家なんでしょうか?ご興味がある方はぜひお問い合わせください。どんな”目からうろこ”がつまったプランなんでしょう?

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

 

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ