つなぎ融資

前回のブログで、フラット35のお話をしましたが、その中で『つなぎ融資』という言葉が出てきました。

あまり聞きなれない言葉ですね。今回は、この『つなぎ融資』のお話です。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

フラット35は、融資が実行されるのが、家が完成した後なんです。完成した家が、住宅金融支援機構が定めて

いる基準に適合しているか、検査を受け、適合が確認されないと融資が実行されないという仕組みなんです。

 

 

 

ですが、この間にも資金が必要で、例えば土地購入費、着工、上棟などですね。このような資金を銀行が立て替えてくれるんですが、このことを『つなぎ融資』と呼んでいます。

 

 

 

この融資にも手数料、金利が掛かります。

手数料は、つなぎ融資の実行ごとに発生する銀行もあるし、何回つなぎ融資を実行してもらっても手数料は1回だけという銀行もあります。

金利は、フラット35と同じ金利の銀行もあれば、もっと高い金利設定の銀行もあります。

 

 

 

また、手数料、金利がつなぎ融資の額から差し引かれる場合や、最終的にフラット35から差し引かれて融資が実行される場合もあります。手数料、金利をどのタイミングで支払うのか事前に確認しておくといいですね。

 

 

 

そして、フラット35は、建てる家によって金利の優遇などが変わってくるという特徴もあるんです。

この話は、また次回のブログでお話しますね。いっぺんにたくさん詰め込むと、頭が疲れてしまいますから。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ