窓の配置

日当たりがとても良い土地ならば、南側のリビングに大きな窓をもってきて、明るく開放感のあるリビングにしたいところですが、なかなかそうはいかないのが現実です。なぜなら、その南側には道路があって、通行人の目が気になってしまったりすることが多いからです。結局大きな窓もカーテンを閉めて過ごすことになってしまいます。

 

 

ですが、もしも広々とした土地があるならば、是非とも実現したいですね。

明るくて開放的なオープンスタイルのリビングを。

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

明るい日差しが差し込む開放的な気持ちのいいリビングも、快適に過ごすためには気をつけなければならないこともあります。

 

 

それは、夏の暑くて強い直射日光です。最近のガラスは、以前と違って二重ガラスです。1枚に比べると断熱性能は良くなっていますよね。とはいえ、真夏の直射日光にじりじり照らされてしまったら、さすがに家の中は不愉快なほどに温度が上がってしまいます。

 

 

それを避けるためには夏の直射日光を遮る必要があります。軒をつくることで遮断することが出来ます。軒があっても、冬は太陽の高度が低くなるので、冬にはありがたい直射日光を充分にリビングに取り込めます。

 

 

それから、窓のサイズや位置に配慮し、全体のバランスをとるように気を付けましょう。

 

 

注文住宅は、お客様の要望に合わせた自由設計となっていますが、サイズや位置をしっかりとバランスを見ながら配置しないと、なんだかチグハグな外観になってしまいます。立体的に考えられるといいですね。

 

 

お手伝いいたしますので、ご希望がありましたらご相談ください。

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ