資金計画の順序

家を買うという事は、ほとんどの方にとって初めてのお買いものであり、しかも大変大きなお買い物です。

なので、どうするべきなのかよくわからず進めている方がほとんどだと思います。

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

工務店では、家の建築的なこと以外にも、お客様の資金計画もご相談に乗るのですが、結構資金計画の意味を

正しく理解せずに進められているお客様が多いように感じます。

 

 

というのは、土地を決め、家の見積もりを出してもらったら、そこで初めて資金計画を行い、総予算を決定し

て銀行へ行く方が結構いらっしゃいます。銀行では、提案された住宅ローンを借りることになります。目先の

金利しか見ていないこともあります。

 

 

しかし、このような進め方で家づくりをすると、予算オーバーしてしまうことが多々あります。

家づくりでは、土地と家以外にも色々とお金が掛かるのです。それらも含めて考えなければならないのです。

そうしなければ、建てた後生活が苦しくなる・・・なんていうことになりかねません。

 

 

住宅ローンを固定型にするか、変動型にするかということも、自分たちの家計に合った方を選びたいですが、

家づくりおいて、資金計画の順序を間違えてしまった場合、予算オーバーしてしまったがために変動型を選ば

ざるを得なくなってしまった、なんていうことにもなりかねません。

 

 

では、資金計画の順序はどうするべきなのか・・・。

また次回のブログでお話いたしますね。

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ