一般的でなくても

建売住宅のチラシなどが、時々家のポストに投函されたり、ネットで新築物件検索をして見かけたことがあると思いますが、よく見かける一般的な家は、30坪前後の家が一番多いですよね。

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

30坪前後のよく目にする家の間取りは、だいたい1階に広いLDKがあり、その他トイレ、洗面所、お風呂の水回りがあり、収納が少しある感じだと思います。もしくは、LDKと畳コーナー、トイレ、洗面所、お風呂で収納がほぼなしといった感じでしょうか。そして2階には、寝室、子供部屋2部屋ほど、トイレ、ウォークインクローゼットか納戸といったところだと思います。

 

 

ここでちょっと考えてみてください。

一般的ではありますが、果たして本当に暮らしやすい間取りでしょうか?

たとえば、お子さんが小さくてまだ未就学児だとします。子供部屋でおもちゃで遊んだり、夜一人で子供部屋で寝たりするでしょうか?小学校に上がったとしても、リビングで勉強したり、遊んだりするかもしれませんよね。

 

 

せっかく注文住宅で自分達の生活に合わせた家を建てるのなら、このような既成概念を取り払って、自分達に合った間取りを考えてみませんか?たとえ一般的じゃなくても、自分達にはとても使い勝手のいい家を建てましょう!

 

 

なんでもご相談ください。

 

 

それでは・・・。

 

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ