家づくりを進める上での考え方のひとつ

もしも家の建築費などとても余裕があり、いくらでもお金を掛けられるというので

あれば、資金計画せずに理想的な家づくりを進めていけると思いますが、たいていの場合、

そうはいかないため、しっかり資金計画をしてから家づくりを進めていかなければなりません。

 

そして、資金計画をしっかり行い、話を進めていくと予算を大幅にオーバーすることは

少なくなると思いますが、理想の家の実現が多少難しくなると思います。

 

もしなるべく予算を抑えたいとご希望でしたら、家づくりへの要望に優先順位をつけると

良いと思います。

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

仮に、子供が二人いる4人家族だとして、年収が400万円だとします。しっかり資金計画

をして、家の建築費には1600万円あてられるとします。

 

そして、広めのリビングがあり、二人の子供それぞれに6帖程度の部屋が欲しいという要望

があるとします。

 

予算的に30坪前後の家になると思いますが、2階建てで1階にリビング、2階に子供部屋や

寝室という間取りになると思います。しかし、リビングを広く取り過ぎるとリビング以外の

部屋を1階に取ることは難しくなりますし、収納も充分に確保出来なくなる可能性があります。

 

そこで、おすすめしている間取りは、実は平屋なのですが、平屋にすることで階段スペース

や廊下、2階にも設置予定のトイレなどを省くことが出来、そうすると、4坪前後の面積を

カット出来る可能性があるんです。

 

ですが、平屋の場合、採光の工夫と、プライバシー性を高める工夫が必要になります。なので

実際には、もっと何かをカットしなければなりません。このような場合、子供部屋を小さくし

てみてはいかがでしょうか?

 

最近は、寝る直前まで家族と一緒にリビングで過ごすというライフスタイルが多いですし、

子供部屋などの各個室は、リビングなどと比べると、少し小さめにしてもいいかもしれません

よね。

 

このような考え方をしながら家づくりをすすめる場合もありますので、似たようなケースの

場合の参考にしていただければと思います。

 

それでは・・・。

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ