ノスタルジックな箱根の魅力

寒さですっかり縮こまった心と身体を癒しに、箱根に行って来ました。


宿泊地の宮ノ下周辺のレトロな街並みを散策したり、
子鉄の息子と、スイッチバックを繰り返しながら山を登り下りすることで有名な
箱根登山鉄道(これまたレトロな車両でした)とケーブルカーを乗り継いだり、
目的もなくのんびりブラブラしていました。

ケーブルカーの終点、早雲山駅で下車し、景色を眺めようと駅構内から出てみたら、
目の前になんとも可愛らしい、コロンとした形の銀色の車が停まっていました。

車の周りを一周してみたら、中でコーヒーをいただけるカフェでした。
その名も「CAFE Ryusenkei」

未来の車みたいなジュラルミンの車体だけど、どこか懐かしい感じのするフォルムでした。
AIRSTREAMというトレイラー(1967年製)で、日産の電気自動車LEAFで牽引
して移動しているそうです。

車内にお邪魔してみると、ミッドセンチュリーな内装の、お洒落で落ち着く空間でした。
美味しいコーヒーをいただきながらマスターとも楽しくおしゃべりしたり、箱根の山や、
山の間から見える相模湾を眺めたり、とても居心地の良いカフェで長居してしまいました。

今回は、ノスタルジックな箱根の魅力に心も身体もとても癒された旅でした。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ