道路より低い土地の活用

お疲れ様です!工務の佐藤です。

先日『ちょっとユニークな土地』とご紹介致しました、
鎌倉山に建築中のA様邸。
どんな土地か、タイトルでお分かりになりましたね。


こちらは、鎌倉山の斜面を宅地造成工事により活かした土地のため、
道路より2m低いところに敷地があるのです。

「道路より低い土地」と聞いて、どんなイメージを持たれますか?
雨の日の排水は大丈夫かなぁ、陽当たり悪くない?・・・
何となく、デメリットの方を先に思いついてしまいそうですね。

確かに、一般的にデメリットとされる点はいくつかあります。
排水、陽当たり、湿気・・・。
また、道路から敷地内が見えやすくなりますので、
プライバシーが気になるという点もあげられます。

こんなにデメリットを並べたら、敬遠される方が
多くなってしまいますね。

では、メリットは見つからないでしょうか。
もちろん、メリットもあります。
皆さま、お気付きのように、このような土地は、
周辺より、比較的価格が安く設定されている場合がほとんどです。 
そのため、例えば予算オーバーで諦めざるを得なかった、
利便性の良い地域や、人気エリアの土地を購入できたり、
同じ価格でも、広い土地を手に入れられる可能性もあります。

デメリットとしてあげた点は、
いずれも何らかの工夫や対策によって改善・解消できます。
例えば設計の段階で、採光や外部からの視線を計算した位置に
窓を設置する、風通しを良くする間取りにして湿気を防ぐなど。

価格やエリアの利便性というメリットを生かし、
その分『工夫』という策を講ずるのも、
素敵な選択のひとつだと思います。

また、そもそもご両親から受け継いだ土地が、
道路より低い土地であるという場合もありますよね。
ここに家を建てられるのかな、どんな工事をすれば良いのかなと、
???がいっぱいになってしまうことでしょう。

そんな時は、是非弊社にご相談頂きたいと思います。
湘南・鎌倉エリアの家づくりは、石原工務店にお任せください。

以上、現場レポートでした。

☆最新イベント情報☆

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日 / 水曜・日曜・祝日
お問合せ
ページ上部へ