高気密高断熱で快適な暮らしを

念願のマイホームで、家族仲良く健康に、充実した毎日を送りたい。多くの人がそう願っていると思います。

そのために広さや機能、環境を整えようと、色々と欲張り過ぎてしまったら・・・、せっかく注文住宅を建てるのだからと過度に注文し過ぎてしまったら・・・、家のコストがとても高くなってしまった。結果、日常生活を切り詰めなければならなくなってしまった・・・。なんて、本末転倒ですよね。

 

そんなことにならないように、出来るだけ無駄なものは省きながらも、家族が快適に暮らせる広さ、機能を兼ね備えた家を実現していくことが出来たら・・・。いや、出来るのです!

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

快適な広さ、機能、環境でストレスのない健康的な暮らしを送るための重要なポイントは、ずばり「高気密高断熱」なのです。弊社では、この「高気密高断熱」をSTRONG POINTの一つとしており、フォームライトSLというマシュマロ断熱を標準仕様としております。マシュマロ断熱とは、空気の泡で住まいを包み込む吹付断熱のことです。壁や天井、床などに使うのですが、外側からの熱を伝わりにくくし、家の隙間を極力無くすことにより、内側からの空気も漏れにくくします。

もう少し細かく説明しますと、一般の断熱材の場合、断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から空気の流れが生じてしまい、温度差が大きくなってしまいます。ですが、フォームライトSLの場合、泡状のマシュマロ断熱が構造材(柱・土台)に接着するため、隙間が出来にくく、空気の流れを極力抑えているため、温度差が小さくなっているのです。

 

              一般の断熱材の場合(頭部と足元の温度差3.6度)

 

              足元寒い!よくありますよね。

              それに比べ・・・

 

              フォームライトSLの場合(頭部と足元の温度差0.9度)

           

              寒暖の差がないので足元暖か!

              

 

つまり、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間づくりが可能となるのです。もう「暑い!」「寒い!」のストレスとさようならです。

 

湘南エリアの気候の特徴は、山と海の自然に恵まれ、春夏秋冬四季の移ろいをしっかりと感じられるところだと思います。そんな湘南に注文住宅を建てようとお考えの皆様に、快適な暮らしを実現するためになくてはならない仕様の一つとして、弊社では「高気密高断熱」のマシュマロ断熱を標準仕様としているのです。

 

マシュマロ断熱の家の高気密は、自宅に帰ってきたときのエアコンの効きの早さで実感していただけます。

また、高断熱化により、夜中にエアコンのタイマーが切れた後の急激な温度変化もなく、快適な睡眠時間となります。結果的に冷暖房費が節約でき、省エネで経済的にもかなりのコストダウンが見込めるわけです。人にも地球にも優しい家というわけですね。

 

また、静粛性にも効果があり、今まで気になっていた外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れをシャットアウトしてくれるという効果もあるのです。その他にも、共振や反響も和らげることが出来ます。

共振とは、二つの固有周期が一致することで、例えば震源から地震動が伝播されたとき、建築物の固有周期と、建物が持つ地表地盤の固有周期が同じだった場合、共振によってその地震動が大きく増幅され、時には建物を倒壊させることになります。地震大国の日本では、建物が地震で簡単に壊れないように、地震の振動数が建物の固有振動数と一致しないように設計され、共振がおきないようにしています。

反響は、音源からの音が直接耳に入る直接音と、壁、天井などに当たって反射してくる反射音の間に時差が出来、ダブって聞こえる現象のことです。

マシュマロ断熱には、これら二つの現象を和らげる効果もあるのです。

 

高気密高断熱なら、すごく広い家ではなくても、開放感抜群の吹き抜け天井などで広々感じられる工夫をしてみてはいかがでしょう?吹き抜け天井は、光熱費が心配かもしれませんが、高気密高断熱なら心配無用です。

 

土地の価格は、10坪違えば600万~800万違ってくるとも言われています。無理に広い土地を買わなくても、小さい家でも快適に過ごせる工夫をして、豊かな毎日を送りましょう!

 

これから家を建てようとお考えのお客様!是非お問い合わせください。詳しい担当よりご説明させていただきます。

 

✉お問い合わせ←ますはこちらをクリック

 

☆最新イベント情報☆←こちらもご覧ください

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ