注文住宅の外壁を塗り壁にする方法とは?メリットについても説明します!

住宅は外壁の素材や色で外観の雰囲気は大きく変わりますよね。
しかし、どんな外壁がいいのか分からないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、注文住宅の外壁を塗り壁にする方法とそのメリットについてご紹介します。

おはようございます。
石原貴司です。

 

塗り壁の施行方法とメンテナンス方法

塗り壁は、日本の伝統的な工法で、土の素材を下地に塗りあげて作る壁です。
左官職人さんの手作業でできあがります。
手仕事の持つ魅力的な仕上がりは、他の外壁にはない特徴でしょう。

すべて手作業なので、デザインのバリエーションも豊富です。
そのため、和風や洋風など様々なイメージに対応できるでしょう。

*施行方法

次に塗り壁の施行方法をご紹介します。

塗り壁には、土壁による塗り壁や漆喰による塗り壁、モルタルによる塗り壁があります。
それぞれの工法で色や磨きや質感が違うため、表情豊かな塗り壁を表現できるでしょう。

塗り壁の多くはモルタル壁の上に塗装をするタイプです。
漆喰(しっくい)壁や珪藻(けいそう)土壁もモルタルを塗って作った下地の上に、それぞれの塗装をして仕上げています。

*メンテナンス方法

塗り壁のメンテナンス方法は、種類によって異なります。
固く仕上がっている塗り壁は、消しゴムで汚れを消せる場合があります。
また、消しゴムで消えない汚れの場合は、サンドペーパーで削り落とす方法があります。

漆喰調のフラットに仕上った塗り壁なら目の細かいサンドペーパーを使用し、珪藻土のようなツブツブ感のある塗り壁なら、目の粗いサンドペーパーのように使い分けてみると良いでしょう。

すべての塗り壁に言えることですが、塗り壁が汚れた時に高圧洗浄機を使うと、水圧の強さで塗装を傷めてしまうので控えてください。

塗り壁のメリット

塗り壁のメリットはなんといっても、存在感にあるでしょう。
つなぎ目のない一体感は美しさを引き立てます。
職人が手作業で仕上げた世界に1つだけの塗り壁が持つ独特の風合いによって様々な表情を魅せてくれます。
工場で大量生産された外壁材にはない存在感があるでしょう。

さらに、塗り壁は耐火性があります。
天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいです。
これらの材料は不燃性で古くから日本家屋や蔵にも用いられていました。

 

まとめ

塗り壁の施行方法とメンテナンス方法、魅力についてご紹介してきました。
住宅の印象を大きく変える外観だからこそ、こだわりを持って自分好みの住宅を作っていきましょう。
注文住宅をお考えの方がこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

それでは…

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!

☆最新イベント情報☆

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ