注文住宅を検討中の方へ!住宅ローンのタイミングをご紹介!

注文住宅を購入する際に、どのタイミングで住宅ローンを申し込むのか分かりませんよね。
そこで、今回は住宅ローンを申し込むタイミングといつ融資が行われるのかについてご紹介します。

 

おはようございます。
石原貴司です。

 

住宅ローンの事前審査のタイミング

住宅ローンを組むためには、審査を受ける必要があります。
審査は2種類で、事前審査と本審査があります。
住宅や土地の購入が決定した段階で、住宅ローンの審査に落とされることがないように、早めに事前審査でおおまかな借入可能額を把握しておきましょう。

住宅ローンは、具体的な住宅プランや土地を決定する前に、申し込むと良いでしょう。
また、最近では、インターネットを通じた住宅ローンの借入予想を行うサービスなどもあるので、利用をおすすめします。

 

住宅ローンの融資実行のタイミングは物件の引き渡し日である

住宅ローンの融資実行は、物件引き渡し日に行われます。
物件の引き渡しとは、契約時の残金を全て支払い、物件の所有権が住宅の売り主から、買主に移ることをいいます。

なぜ引き渡し日と融資実行日を同日に行うのでしょうか。
それは、銀行側が抵当権を得るためです。
抵当権とは、融資をする代わりに、土地と建物を担保にとることをいいます。

引き渡し日以前であれば、住宅や土地の所有権は売り主にあるので、銀行は抵当権を設定できません。
引き渡し日に、住宅の所有権が住宅購入者に移ることで、銀行は抵当権の設定が可能になります。

一方で、引き渡し日以降に融資を実行するとどうなるのでしょうか。
銀行側は引き渡し日以降であっても、融資を実行できますが、住宅購入者に問題が生じます。
それは、引き渡し日に一度住宅購入者が家と土地の金額を全て支払う必要があります。
このようなことは、ほとんどの場合は不可能なので、銀行が引き渡し日に代金を支払います。

上記のことから、住宅購入者にとっても、銀行にとっても、引き渡し日を把握することが大切だとお分かりいただけたでしょうか。
住宅ローンを利用する際には、必ず住宅引き渡し日を事前に銀行に伝えておきましょう。
また、引き渡しと融資は、ほとんどの場合銀行の会議室で行われるので、会議室の確保も依頼しておきましょう。

 

まとめ

今回は、住宅ローンを申し込むタイミングといつ融資が行われるのかについてご紹介しました。
住宅購入に、住宅ローンの利用は欠かせません。
トラブルを起こさないためにも、しっかりと住宅ローンの流れを把握しておきましょう。

 

それでは…

 

イベント情報です。是非いらしてください!
☆最新イベント情報☆

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ