バリアフリーの注文住宅を作る際のポイントを解説します!

「注文住宅にバリアフリーを取り入れたい!」
「バリアフリーには、どういった例があるの?」
注文住宅に、将来のことも考えて、バリアフリーを取り入れたいですよね。
しかし、どういったバリアフリーがあるのか分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅のバリアフリーについてご紹介します。

おはようございます。
石原貴司です。

※ブログ掲載写真は全てイメージです

注文住宅のバリアフリーとは

注文住宅には、どういったバリアフリーが用いられているのでしょうか。
まずは、具体的なバリアフリーの例を見ていきましょう。

*玄関を広めに設計する

玄関を広くすることが、バリアフリーなのかと疑問に思う方も多いでしょう。
しかし、高齢者の方にとって、玄関が狭いと、とても危険性が高くなります。

特に、車いすを利用される方なら、玄関を広くしておかないと、家に入れない場合もあります。
また、玄関の段差にも注意しておきましょう。
少しの段差でも、けがを招く可能性があります。

*浴室は安全第一にする

浴室は、高齢者の方にとって、とても危険な場所です。
足が滑りやすかったり、浴槽が深いバスタブにしたりするのは、やめましょう。
また、浴室と脱衣所の温度差にも注意しておく必要があります。

注文住宅の浴室では、自分なりのリラックス空間を作りたいと思うかもしれません。
しかし、バリアフリーにするには浴室は安全第一で考えることが重要です。

*トイレは寝室の近くに設置する

高齢者の方は、夜間にトイレに行く方が多いです。
トイレが寝室から離れた場所にあると、暗い中、トイレまで行くのは困難です。
そのため、トイレは寝室のそばに設置しておきましょう。

また、トイレに関してもある程度の広さを確保しておきましょう。
手すりなどを設置して、使いやすいトイレにしておくことをおすすめします。

バリアフリーの注文住宅に関する補助金

バリアフリーを取り入れた、注文住宅には、補助金がもらえる場合があります。
しかし、補助金をもらえるかどうかは、地域によって異なります。
そのため、注文住宅にバリアフリーを取り入れる場合は、あらかじめ自治体などに確認しておきましょう。
補助金なども活用して将来的にも安全に暮らせる住宅を目指しましょう。

まとめ

今回は、注文住宅のバリアフリーについてご紹介しました。
ご紹介したバリアフリーの他にもさまざまなバリアフリーが存在します。

注文住宅のバリアフリーについて、もっと知りたいという方はぜひお気軽に当社にお問い合わせください。
注文住宅のプロが皆様にアドバイスを提供いたします。

 

それでは…

 

 

イベント情報です。是非いらしてください!
☆最新イベント情報☆

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ