注文住宅をお考えの方必見!住宅にメンテンスって必要なの?

 

「注文住宅のメンテナンスって何をするの?」
「メンテナンスをする時期っていつ?」

今回はメンテナンスの必要性を時期別に紹介します。

おはようございます。
石原貴司です。

 

メンテナンスの重要性とは?

建物の寿命は、適切な時期にメンテナンスを実地することで大幅に伸ばすことが可能です。

メンテナンスを怠ると、近年増えている大型台風や地震などの

自然災害のダメージを大きく受けたり

劣化による水回りの危険性を伴う故障を防いだりすることも可能です。


築年数が経っても変わらず快適に過ごせる良い住まいを目指しましょう。

 

*メンテナンスの流れ

まずは外壁を考えていきましょう!
外壁は、雨や風、直射日光など数々の自然現象に耐えています。
そのため、築年数が長くなるほど壁の汚れやひび割れなどの劣化が生じてしまうのです。

外壁はリフォーム会社に頼んで、職人に修繕工事をしてもらいましょう。
内装の場合はどうでしょうか?
内装は、日々の生活によってドアノブや玄関前、壁紙に小さな汚れや傷が多数出来てきます。
内装に費用をかけたくない方は、専用の洗剤でしっかり丁寧に磨きましょう。

 

*劣化の見極め方、点検方法とは

外壁の場合には、雨風をしのいできたサイディングのつなぎ目のシーリングが劣化して水漏れの原因になります。
そのために、ひびはないかを確認してその場で出来るメンテナンスとして劣化場所をVカットしてパテで修繕しましょう。
内装の場合にはクロスの汚れです。
これは、専用洗剤を使いぞうきんを使って汚れたクロスをカッターで切り、新しいクロスを張り付けましょう。

時期別で考えるメンテナンスの必要性

時期別によって異なる修繕が必要になります。

 

*新築5年~10年、10年以上、20年以上のメンテナンス

・新築5年~10年の場合
新築5~10年の場合には、日光が見られる場所で劣化が考えられます。
日の当たる屋根や外壁の痛みを確認して再塗装する必要が出てきます。
また、内部で劣化しやすいのは水回りの部分です。
水はねが起きやすく、不具合が起きやすいのでしっかり確認しておきましょう。

 

・10年以上の場合
サッシやシャッタ―なども、メンテナンスが必要になります。
家の内部では、キッチン、お風呂の交換が必要になってきます。
欠け始めたり、取れない汚れが出てきたりする可能性があります。

 

・20年以上の場合
屋根や外壁の張替えが、そろそろ必要になってきます。
大規模の修繕を行って、新品同様の新しさにしましょう。
内装は、よく使うものや使わないものによって異なりますが20年の節目にリフォームやリノベーションを行っても良いかと思います。

 

まとめ

今回は、注文住宅のメンテナンスの重要性をお話しました。
日ごろは、忙しく出来ないかもしれませんがお盆や、年末年始を利用して修繕してみることをおすすめします。
毎日楽しい生活が送れるように住宅には十分気を付けて下さい!

 

それでは…

 

イベント情報です。是非いらしてください!

☆最新イベント情報☆

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ