収納の奥行き

いざ掃除機をかけようと思ったら、床に物が散らかっていてスムーズに掃除機がかけられないので、イライラするし、掃除そのものがおっくうになってしまう・・・なんていうことありませんか?掃除の際のそんなお悩みを解決するには、スッキリ片付く家にすることですよね。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

スッキリ片付いた家にするには、片付けやすい家をつくらなければなりません。そのためには、使いやすくて片付けやすい収納をつくることが必要です。つまり管理しやすい収納をつくるということです。

 

 

 

収納豊富な家をつくったとしても、管理しにくい収納であるならば、かえって片付かない原因になりかねません。たとえば,奥行きが深い収納をLDKにつくったとします。しかし、なにかと小物類が多いLDKには奥行きが深い収納はあまり向いていると思いません。なぜなら、せっかく整理した小物収納ボックスの手前の空いているスペースに色々な物を置いてしまったりして、取り出しにくかったり、どこに片付けたのかわからなくなってしまいがちだからです。

 

 

 

そうならないように、壁を上手に活用するなどして、管理しやすい収納をつくるべきです。布団などをしまうための収納は奥行きを深く、小物類を収納するならば奥行きを浅く。家が片付きやすいかどうかは、収納の多さや大きさではなく、管理しやすい収納かどうかだと思います。

 

 

 

スッキリ片付いた家で、掃除も楽々!いつもきれいな家に住みたいものですね。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください!

https://www.ishihara396.com/contents/category/list/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

営業時間/9:00~17:00 定休日/火曜日・水曜日(工務は土・日・祝日)
お問合せ
ページ上部へ