平面だけではなく

南側に大きな窓があり、外から見ているととても明るそうに見える家って、実際は家の中は結構薄暗く、

逆に外から見てちょっと部屋の中が暗いんじゃないかな?と思うような家が明るいということがあります。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

南側に大きな窓をつくりたいと考えるのは、ごく自然なことだと思います。もしも南側に道路がある土地を

購入して、住宅会社から提案された間取り図には南側に窓がなかったとしたら、びっくりしますよね。そして、

窓の位置や間取りの変更を希望するでしょう。ところが、間取り図が描かれた平面図だけを見て変更してしま

うとかえって住みにくい家に近づいてしまうんです。

 

 

 

なぜなら、南側に道路がある土地や、南側に家や建物がある土地で南側に大きな窓をつくっても、外から丸見

えなので、人の目が気になってしまい、結局カーテンを閉めっぱなしにする生活になってしまうからなんです。

 

 

 

カーテンを閉めっぱなしにしている部屋は、薄暗いだけでなく、風も通らないため、なんだかジメジメして

いるし、臭いもこもりがちになってしまうんです。

 

 

 

洗濯物だって南側に干したいですよね。ですが、その洗濯物も丸見えということです。そうすると、家族構成も

わかりやすく、防犯性も低くなってしまいますし、生活感が結構出てしまいます。

 

 

 

明るく、風通し良く、リラックスできるおしゃれな家を建てたいと思ったら、その土地の近隣環境との兼ね合

い、その土地の持つメリット・デメリットを考慮した間取りプランが必要です。平面的だけではなく、立体的

に、視野を広くもつことが大切です。

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

 

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ