極力シンプルに

通常、室内のドアと天井との間には垂れ壁というものがあります。この垂れ壁はだいたい

40~50センチほどです。ですが弊社では、この垂れ壁のない室内ドアを採用しています。

室内のドアの高さを天井の高さと同じにしているのです。

 

 

 

おはようございます。

石原貴司です。

 

 

 

垂れ壁がないことで、開放感のある明るい空間を演出しています。垂れ壁があることで天井が

低く、仕切られている感じが出てしまい、部屋自体も少し狭く感じていたかもしれませんが、

そのあたりが解消されます。また、ドア枠がないので、ドア枠に溜まるホコリを掃除する手間

が省けます。

 

 

 

開放感のある明るい空間を演出するため、壁面に凸凹をつくらないよう工夫もしています。壁を

くり抜くニッチや、壁に取り付ける棚板などはつくらないことで、空間が直線的に見えるように

しています。そうすることで、シンプルでスッキリした空間を演出しています。もちろんコスト

カットにもつながります。

 

 

 

そしてドア同様、窓枠も基本的には付けていません。スッキリ感を出すためです。窓枠に溜まった

ホコリを掃除する手間も省いています。

 

 

 

弊社では、さらにスッキリ感を出すために、驚かれるかもしれませんがカーテンをつけなくても大丈

夫な間取りづくりも行っています。

 

 

 

余分なものはなるべくなくし、無駄なコストを極力カットして、洗練されたシンプルな空間はいかがで

しょうか?

 

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

 

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ