年収の6倍までといいますが・・・

住宅ローンを借りる時、だいたいいくらくらいまで借りれるでしょう?

よく、一人で世帯収入をまかなっている場合、年収の6倍までなら無理なく返済できると

言われていますよね。

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

例えば、年収450万円だとすると、450万円×6=2700万円ということになります。

毎月の返済は、フラット35を35年で返済する場合、最初の10年間は73、726円です。

そして、11年目からは76,438円になります。

 

また、団体信用生命保険というものがフラット35にはありまして、毎年1回保険料の支払い

があります。初年度が96,660円が目安で、年々安くなります。他にも固定資産税の支払い

もあります。長期優良住宅は5年間6万円前後ですが、その後は倍くらいになってしまいます。

 

あとは、将来の修繕費用も貯金したいですね。出来れば1万円ほど貯金したいです。

 

450万円を手取りで考えてみると、仮にボーナス1か月分だとして所得税、住民税、社会保険など

を差し引いてだいたい27万円~28万円くらいでしょうか。

 

27~28万円の中から住宅ローン金額を引くと、20万円前後です。その中から光熱費、食費、

雑費、交際費、ガソリン代、生命保険料、マイカーローン、携帯代、教育費、習い事月謝などを

支払います。

ボーナスの中からは、固定資産税、団体信用生命保険、自動車税、車の保険、車検費用などを

支払うことになると思います。

 

どうでしょう?ちょっときつくないですか?

 

自己資金がたくさんあれば少し楽になると思いますが。

 

人気のあるエリアで土地購入を考えたら、2700万円の総予算はかなり厳しいです。

 

頭に入れておかなければならない費用としては、住宅ローン経費、火災保険料、登記代、

諸経費、家具、家電などの費用もあります。

 

本当に色々と費用が掛かるので、まずは資金計画をしっかり行い、自己資金を含め、予算と

無理のないローン金額の把握が必要です。住んでから住宅ローンの負担が大き過ぎて旅行や

趣味にまったくお金を使えなくなってしまったら残念ですからね。

 

それでは・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ