ひなまつりの食べ物

今日3月3日はひなまつりですね。


ひなまつりに食べる物と言えば、
ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、ひなあられ、菱餅、白酒あたりでしょうか?


では、なんでひなまつりにはこれらの食べ物を食べるのでしょうか?
ちょっと調べてみました。


ちらし寿司:実は、特に由来はないそうなんです。ですが、平安時代に食べられていた
「なれ寿司」というものが変化したのではないかと言われています。ちらし寿司にのっている具材には意味のあるものが多く、エビは「腰が曲がるくらいまで長生きできるように」
レンコンには「先が見通せるように」豆には「健康でマメに働くように」との思いが込められています。

はまぐりのお吸い物:はまぐりは、平安時代から「貝合わせ」という遊びに使われていましたが、はまぐりの特徴として、最初に対になっていた貝同志でないと蝶番の部分が絶対にあわないんだそうです。このことから理想的な夫婦の象徴とされてきました。そのため、はまぐりのお吸い物には、「いい相手と巡り合い、一生涯添い遂げられるように」との願いが込められているそうです。


ひなあられ:その昔、ひな人形を外に連れ出して野山や海を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があり、その際に持って行ったお菓子がひなあられだそうです。
菱餅を外で食べれるように砕いたと言われています。ひな人形への愛情が感じられますよね。


菱餅:緑、白、ピンクの餅を重ねて菱形に切ってありますが、それぞれに意味があるそうです。緑は、長寿や健康を。白は、純白を。ピンクは魔除けと桃の花の色です。
また、色付けに使われる植物には、緑がよもぎで増血作用、白はひしの実で血圧を下げる効果、ピンクはくちなしの解毒作用があるそうです。


白酒:甘酒のことだと思っていましたが、じつは別物だそうです。甘酒にはアルコールがはいっていませんが、白酒には入っているんだそうです。白酒はもともと「桃花酒」と呼ばれる桃の花を漬けたお酒のことで、桃には百歳(ももとせ)まで生きれるという話や、邪気を払う力があるとされているので、長寿や厄払いの願いが込められているそうです。

今まで意味を知らずにいましたが、色々意味を知ったら、ちゃんと用意してお祝いしたくなりました。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ