Natural

自然素材派のこだわり住宅

自然素材の家とは?

化学物質を含んだ素材を使わずに、天然の素材を使って建てた家のことをいいます。健康面や環境面、耐久性などにおいて様々なメリットがあります。

耐久性(躯体部分)が高い

構造体や床などに使われる無垢材は、伐採されてからも呼吸を続けます。その呼吸により乾燥が進み、年月を重ねた無垢材は、鉄やコンクリートと同程度までに強度が上がります。

健康的な暮らしを実現

自然素材は、シックハウス症候群の原因となる化学物質を発生させない利点があります。自然素材の壁は、接着剤を使用しないことでアレルギー物質の排出を抑え、喘息やアトピーがある方も安心してお住まいいただけます。また、珪藻土や漆喰は、部屋の湿気を吸収・発散することで、湿度調節と共に結露やカビ防止の効果も期待できます。このように、機能性と快適性を兼ね備えた自然素材は人にやさしい快適な住まいを実現させます。

ランニングコストに注目

ランニングコストは初期費用とは別に補修費やメンテナンス費、経年劣化による交換費用までを考える必要があります。自然素材は、経年変化や劣化による補修やメンテナンスが必要ではありますが、交換頻度は化学物質を含んだ素材に比べて少なく、比較的簡単な補修で済みます。その点を踏まえて費用を比較すると、トータルコストは化学物質を含んだ素材と同程度であるというケースが十分に考えられます。

住まいの空気にこだわりを。
『澄家(すみか)』第一種熱交換型換気システム

健康的で快適な住まいは、室内空気の換気と循環が大切です。しかし、クーラーを利かせている夏や暖房で暖かくしている冬は換気頻度が少なくなり、室内の空気がこもりがちです。これでは、せっかくの自然素材の良さも発揮できず、身体にも好ましくない環境になります。第一種熱交換型換気システムの『澄家』は、給気と排気を機械で制御するため、窓を開けられない時も、計画的な換気を可能にします。さらに、熱交換システムにより常に快適温度を持続するので、身体にやさしい住環境をつくり出します。

地元湘南の気候を
熟知した設計

このように、その土地ならではの風や太陽を上手く利用した、四季を感じられる家づくりがパッシブデザインをするということです。石原工務店では、機械に頼らないその土地の特性を活かした設計手法で、更なる省エネ・快適を目指します。 石原工務店2017年度 ZEH基準達成率50%以上!

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×