Perfect guide

はじめての家づくりパーフェクトガイド

信頼できる会社か、どうか

マイホームは、初めての買い物。誰でも迷い、そして不安な買い物になります。「失敗したくない」という恐れが緊張感を生み「騙されたくない」という猜疑心が生まれるのも当然のことでしょう。契約するにも図面と見積書で判断し決断しなければいけません。だからこそ石原工務店は、信頼を約束するのです。

注文住宅と建売住宅。
満足度が、ちがいます

「新居に引越注文住宅で建てた場合と、建売住宅を買った場合での満足度の違いは、大きなものと言われています。 最初から全て準備されている建売住宅という選択肢もあります。しかし、一生住むことになるマイホームだからこそ「夢や、こだわり」をカタチにして生涯の満足を手に入れましょう。

一にも二にも、現場

石原工務店を訪ねてくるお客様にアドバイスしているのが、現場をみる!です。どんなに素晴らしい知識や情報を知っていても、実際にどんな職人さんが家づくりをしているのか、 お施主様の想いをどんな風に形にしたのかは、見学してみないとわかりません。

構造見学会でも完成見学会どちらでも構いません。実際の家を見ることが大切です。見るのは一回だけでなく、納得できるまで、何度でも足を運んでいろんな家を見てください。

Case study

ケーススタディ

家の値段を、ご存知ですか

神奈川県在住で、29歳の役所に勤める公務員のS様の話です。テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカの住宅展示場に情報収集のために行ったそうです。アンケートを書き、展示場を見て回っていました。 すると、細身で30代くらいのさわやかな男性営業マンが笑顔でやってきて話しかけてきたそうです。色々と話をしているうちに、その営業マンの印象も非常によかったので、とりあえず参考に見積りをもらうことになりました。その見積り金額をみて、彼は驚愕。なんと、5000万円といわれたそうです。S様は思ったそうです。

こんな先行き不透明な世の中で、
家を買うのは諦めるしかないんじゃ・・・

本当は、
いくらで建てられるのか

しかし、諦め切れなかったS様はインターネットで調べて、地元にある工務店の見学会にも行ってみました。そこで地元の工務店でも家づくりをしていることを初めて知ったS様は、ハウスメーカーに話したときと同じように家づくりの夢や想いをその工務店の社長に話をしました。「まったく同じではないけれど、ほぼ同じような家であれば、2500万円ぐらいかな」とすぐに見積りをくれました。これだけでも、約2500万円も違うのです!

会社によって、
価格は大きくちがう

S様が一番嬉しかったのは、工務店の社長がS様の話を聞きながら、家づくりで大切なことを教えてくれ、プロとしてきちんとアドバイスしてくれたことだったそうです。今では、工務店の社長と仲良くお話しているS様ですが、最初は、しつこい住宅営業が怖くていきなり電話をかけるのはやめて、資料請求をしたそうです。

もし、あなたが家づくりで失敗したくないと考えているなら、その工務店がどんな想いで家づくりをしていて、お施主様にどんな家づくりをしているのか知るために資料請求をすることをオススメします!

幸せな人生と家づくりには、
資金計画が大切

家づくりをすることは、資金計画をきちんと立てることでもあります。資金計画を間違えたばかりに、多くのことを我慢、我慢、我慢!! そんな生活が何十年も続くことに、あなたは耐えられますか? 家は買うことが目的ではなく、家族で幸せに過ごすために多くの家族は家づくりをするのです。しかし、あなたのことを考えていない住宅営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、幸せな生活が送れなくなります。
もし、あなたが幸せな家族計画をお望みであれば、ぜひご相談ください。あなたの人生が豊かになる、資金計画について精一杯アドバイスしますね!

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×