House protect
family

家族や子供を守る家

Hard

ハード面

お金を理由に、防犯をしないは
キケン

住宅に防犯性能をつけようとしたら、多くのお金が掛かると思っていませんか? 万が一のことに対して大金をかけるくらいなら、そのお金で、もっと使いやすくて見た目もいいキッチンや家具を買ったり、より大きな家を建てたほうがましだと思っていませんか? じつは『防犯対策=お金がかかる』は間違った考えです。

もっとも重要な防犯は「心がけ」

警備保障会社の通報システムを入れたり、窓ガラスを割れにくいものに変えたり、赤外線やカメラをつけたりすればお金はかかります。しかし、これではいくらお金があっても足りません。しかも、安心はお金をかければ手に入るというものではありません。お金をかけてさまざまな防犯設備を家の周りや中に取り付け対策しても、生活する中で、窓や玄関のカギをかけ忘れたり、通報システムのスイッチを入れ忘れたら全く意味がありません。

狙われているのは、お金だけじゃない!

防犯対策を行う上で大切なことは「もしかしたら狙われるかも知れない!」という意識を持つことです。近年、警察の検挙率の低下により凶悪犯罪が増加かつ多様化していることをご存知でしょうか。 「ウチはお金持ちじゃないし」「取られるものやお金もないから」という考えではとても危険です。狙われているのは、お金や財宝だけではありません。あなたやあなたのご家族の命が狙われているかも知れません。そんな中、大切なことは、“防犯意識”をもって生活をすることです。

Solution

解決策

今日から、対策を強化しましょう

今日からできる対策をご紹介します。「表札は苗字だけにする」「電話帳104への登録をやめる」「ぬいぐるみやインテリア雑貨など、一目で子供部屋だとわかるものを窓辺におかない」「女性や子供の部屋だとわかるカーテンはしない」「女性の下着を捨てる時は、カットしてから捨てる」「家族の情報が記載されているダイレクトメールやはがきはシュレッダーをかける」などが挙げられます。

カギは、必ずかけましょう

「帰宅が夜になる時や天気予報で雨の日などは、洗濯物を部屋の中に入れてから出掛ける」「昼間、全てのシャッターや雨戸を閉めない」「室内でラジオやテレビの音を流しておく」「帰宅が夜になる場合は、室内灯をつけたまま出掛ける、またはタイマー付きの照明器具を使用し、夕方になったら照明が点灯するようにする」「車で出かけるときは、駐車場の真ん中に大人用の自転車を置いておく」「中長期不在のときは、新聞配達を一次停止する」など。

そして、皆さんのご自宅の玄関や窓のカギはしっかり掛かっていますか。家の中にいるからといって犯罪者が入って来ないとは限りません。カギをかけずに生活している方は、今すぐにカギを掛けましょう。玄関はドアチェーンや補助錠も忘れずに。そしてこれを、しっかり習慣づけていきましょう。

犯罪の種類を知っておく

身の回りでどのような犯罪が起きているのか、各都道府県の警察署のホームページで調べてみられることをオススメします。身の回りでおきている犯罪やさまざまな防犯対策について知ることができます。

Soft

ソフト面

「遺族基礎年金」という
安心感

お客様に万が一の事が起こっても、残された奥様やお子様には、お客様の年金から遺族基礎年金が支払われることになります。
お客様が会社員で、奥様とお子様が二人いる場合のケースですと、お子様が18歳の年齢の年度末まで、月に約15万円の遺族基礎年金が給付されることになります。奥様は月に10万円位収入をパートなどの仕事で求めることにはなるでしょうが、遺族基礎年金とパートの合計で月25万円位の税引き後の収入があり、住宅ローンの支払いが無いのであれば、お子様を高校卒業までの期間は、問題なく生活することが出来るのではないでしょうか。
また、どうしても費用が必要なことが起こっても、ローン残高の無い、土地と建物があれば、それを担保に銀行から借金も出来ますし、売却して資金を作り出すことも出来るのです。家は家族を守ります。

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×