Can Be Small.

小さくてもいいんだ

手頃な広さの小さな家には、
長く暮らせるメリットが実はたくさんあります。

30年後を想像してください

30代で建てても、30年後には60代。「最近は疲れやすくなったな」「部屋の掃除や階段の上り下りが億劫になってきたな」なんてことを言っているかもしれません。高齢になった時のことを考えると、家は小さい方が扱いやすく、便利なのです。

大きさより、豊かさ

私たちがすすめるのは、小さいけど豊かに住める家です。空間の取り方や設計の工夫など、家を広く感じさせる仕掛けは必要になってきますが、狭小住宅でも豊かに暮らせる生活を手に入れることはできます。

負担も、小さい

建築費用が抑えられます。毎年かかる固定資産税、住宅ローンの負担を軽くすることができます。家を建てたからといって、生活のレベルを落とす必要がありません。

メンテナンスが、ラク

小さな家の最大のメリットは、必要なメンテナンスが少なく済むことです。例えば、外壁の再塗装は、家が小さければ外壁の面積も小さくなるので費用が安く工事も短期間で終わります。もともと建築費用が少なく、ローンの負担も軽いので大きな家に比べると日々の生活に余裕が生まれてくるはずです。

水まわりは、
小さくしすぎない

キッチン、浴室、洗面室のような毎日使う場所は、適度な広さを確保し、居心地を高める工夫をする必要があります。洗面室やトイレなど、もともと狭い場所は、広さを感じ、居心地を高める工夫も必要です。

狭さを感じさせない工夫を

ある狭小住宅は、子ども部屋にはドアが無く、収納と廊下で仕切られているだけでした。勉強は2階のホールに造り付けられた家族共有の大型机で勉強するそうです。4人家族の家としてはかなりコンパクトでしたが、大きな吹抜けがあり、明るく狭さが感じられない家でした。限られた空間でも、メリハリのある設計により、心地よい豊かな空間がつくれるものなのです。

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×