Spec&Material

デザイン性重視。
快適性はもっと重視。

WHY SIMPLE

私たちがつくる家のデザインの特徴は、視覚的要素が圧倒的に少なく、シンプルなデザインになっていることです。快適さや暮らしやすさを保ちながら、不要なものを取り除いていき、シンプルですっきりしたデザインを生み出していくのです。 デザインありきで始まるのではなく、そこに住む人が快適で幸せになれる要素を見つめ、それを追求することで生まれるデザインなのです。

質のいい空気を、
家じゅうに

空調の標準設備は、澄家DC(第一種換気方式)を採用しています。給気と排気を機械で制御し、計画的な排気が可能。埃や花粉、臭気も床面排気口を設けることで、綺麗な空気を循環させることができます。換気の際に捨てられてしまう室内の温もりや涼しさを再利用(熱回収)するので、夏はエアコン、冬は暖房等を利用する上で、省エネ効果も。

いつでも家じゅう快適温度

空気の泡で住まいを包み込む吹き付け断熱を採用。室内の温度差が少なく、気持ちのいい家をつくります。高気密なのでエアコンの効きが早く、経済的な省エネ住宅を実現。いままで気になっていた外部の騒音や気になる内部の生活音の漏れをシャットアウトし、共振や反響も和らげることができます。

体にやさしい素材だけを

構造材(柱・土台)には、しっかりとした強度を持つ国産ヒノキを使用。体にやさしい安心の天然木構造です。床材には、温もりが素足に伝わる無垢パイン材。パイン材は日本語で松の木を指し、柔らかな材質が特徴です。清潔感あふれる材面は年月を経てあめ色に変化し、松特有の美しさを味わうことができます。フローリングの張り替えがなくなることで、ランニングコストの削減が期待できます。

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×