USEFUL

お役立ちコラム

注文住宅のオプション一覧!家づくりで重視したいポイントは?

注文住宅の場合、基本プラン(標準仕様)に含まれる設備以外に「オプション」をつけることができます。
オプションは、生活をより便利にすることを目的につけるものですが、
一方で、「せっかくつけたけど、使う機会がほとんどなかった」と、後悔することもあるようです。

そこで今回は、注文住宅のオプションにはどのようなものがあるのか、
家づくりで重視したいポイントについて解説します。

家づくりで悩むポイント!注文住宅のオプションとは

注文住宅のオプションは、家づくりをするうえで最も悩むポイントと言っても過言ではありません。
標準仕様の設備以外のオプションをつけることで、生活が便利になり、
見た目も良くなるといったメリットがあるため、注文住宅を建てるほとんどの人が、何らかのオプションを採用しています。

ですが、オプションを増やせば増やすほど、家づくりにかかる費用の総額は当然割高になります。
そのため、本当に必要なオプションはどれなのかを見極めることが重要となり、
どのオプションをつけるのかで悩む人が多いのです。

注文住宅でよくあるオプションの種類

注文住宅で良くあるオプションの種類には、以下のようなものがあります。

リビング 床暖房、ペアガラスの窓、暖炉、薪ストーブ
浴室・洗面所 ジェットバス、浴室乾燥機、ミストサウナ、浴室テレビ、人工大理石の床、汚れがつきにくい壁や床、早く乾燥する壁や床、手元スイッチ付きシャワーヘッド、ダブルシンク
キッチン 食洗器、床下収納、ハンドシャワータイプ水栓、ディスポーザ、ビルトインオーブン、アイランドキッチン、パントリー、ビルトイン食器洗い乾燥機、吊り戸棚、タッチレス水栓、自動洗浄機能付きレンジフード、カウンター
トイレ 2Fトイレ、温水洗浄便座、タンクレストイレ、ミニ手洗い、壁面収納、自動開閉機能付きトイレ、自動洗浄機能付きトイレ
玄関 シューズインクローク、スマートキー、テレビ付きインターホン、宅配BOX、土間空間
部屋 ウォークインクローゼット、LEDダウンライト照明、防音設備、キャットウォーク、ペット用出入口、埋め込み型カーテンレール、小部屋収納、ソフトクローズの引き戸、可動式仕切り、ピクチャーレール、間接照明
外壁・外観・庭 タイル外壁、セルフクリーニング外壁、目隠しフェンス、防草シート
内装 塗り壁(漆喰・珪藻土)、アクセントクロス
その他 埋め込み式エアコン、太陽光発電、人感センサーライト、サンルーム、ウッドデッキ、吹き抜け、電動シャッター付きガレージ、作りつけの棚、室内物干し

上記はあくまでも一例であり、注文住宅のオプションは非常に種類が豊富です。
住み始めた後に追加できるオプションもあれば、
新築時でなければつけられないオプションもあるため、しっかりと検討することが大切です。

家づくりで本当に良かったと思えるオプション

注文住宅に必要なオプションは、家を建てる場所と家族の状態によって異なります。
数年後の家族の生活をイメージしながら、本当に良かったと思えるオプションを選びましょう。

家族にとって過不足のないスペック

注文住宅のオプションは魅力的な機能が多いですが、あればあるほど良いというわけではありません。

例えば、冬でも暖かい家に住みたいという場合、必ずしも床暖房が必要なわけではなく、
高い位置に窓を設置し、日当たりの良い部屋を作ることで実現できる場合があります。
また、家族の人数が多い場合はトイレが複数あるほうが便利ですが、
夫婦2人で暮らす家なら1つあれば十分です。

注文住宅のオプションを選ぶときは、家族にとって本当に必要かどうか、
実際に住んだときの姿を想像しながら考えるのがポイントです。

住んでからの経済的負担を抑える

注文住宅のオプションは、初期費用に注目しがちですが、
住み始めたあとの経済的負担を考えることも重要です。
特に、暮らしの基本となる設備はしっかりとこだわって選びましょう。

例えば、断熱効果が高く結露防止効果があるペアガラスの窓は、
一般的なサッシよりも初期費用は高くなりますが、
住み始めた後の光熱費の削減や結露による家の劣化を防ぐことにつながるため、
長い目で見れば経済的な節約につながるというメリットもあります。

プロの意見・アドバイスを聞く

どんなオプションが必要になるのか迷ったときは、
ハウスメーカーや工務店が主催する家づくり勉強会やセミナーに参加し、
プロの意見やアドバイスを聞くのも一つの方法です。

家づくり勉強会やセミナーでは、
注文住宅の成功・失敗事例、最新のオプション設備の情報などを知ることができます。

実物を見て家族の姿をイメージする

住宅展示場にあるモデルハウスでは、実際のオプション設備を目で見て触って確認することも可能です。
できるだけ足を運び、実物を見ながら家族の姿をイメージしてみましょう。
実物を見ておくことで、「思っていたのと違った」「意外と使いにくかった」などの
失敗や後悔を防ぐことにつながり、本当に必要なオプションだけを選びやすくなります。

注文住宅のオプションは後悔しやすいポイント!
慎重に検討しよう

注文住宅のオプションは魅力的なものが多く、「あれも欲しい、これも欲しい」と考えてしまいがちです。
しかし、オプションを増やせば増やすほど基本プラン(標準仕様)よりも高額となるため、
予算を大幅にオーバーしてしまうことになり兼ねません。

また、住んでみたら使いにくさを感じたり、意外と使う機会がなかったりなど、
オプションをつけたことに後悔するケースもあります。
家族にとって本当に必要なオプションはどれなのか、
プロの意見やアドバイスを聞きながら、しっかりと見極めることをおすすめします。

石原工務店はマイナスオプション!

石原工務店では、将来豊かに快適に過ごすために「本当に必要なものだけ」を搭載した家づくりを、おすすめしています。
オプションを足していくのではなく引いていって、価格もシンプルな家づくりを目指します。

石原工務店の家づくりセッション(勉強会)は、少人数制で、参加者の本音を聞くことを最も大事にしています。
オプションに関する悩みや不安はもちろん、土地、間取り、住宅ローン、返済計画など、
家づくりに関するあらゆる悩みや不安をご相談いただけます。

ぜひ、気軽にご参加ください。

家族にとって本当に必要なオプションはどれか、
プロの意見やアドバイスが欲しいという方は、
石原工務店までぜひお気軽にお問合せください。

 

コラム監修・石原 貴司
住宅ローンアドバイザー 公認/不動産コンサルティングマスター/
宅地建物取引士/一級建築大工技能士/一級建築士

詳しくはこちら >

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×