USEFUL

お役立ちコラム

【藤沢】一戸建て・注文住宅の知識 「耐震等級3」が必須な理由とは?

【藤沢】一戸建て・注文住宅の知識「耐震等級3」が
必須な理由とは?

夢のマイホームを手に入れるために、注文住宅の施工事例やパンフレットなどで情報収集している方も多いでしょう。その際、「耐震等級」という言葉を見たことはありませんか?
地震大国と言われている日本において、「耐震等級」に注目して家を建てることは大切なことです。

耐震等級とは

耐震等級とは、建物の等級を表すものの一つです。住宅の買い手・持ち主が建物の耐震性能をひと目で理解できるよう、住宅性能評価機関が評価・認定を行っています。

耐震等級1・2・3と全部で3段階に分かれており、最も厳しい基準なのは3です。しかし、耐震等級1だからといって、耐震性に問題があるというわけではありません。

耐震等級1は建築基準法の耐震性能の水準を満たしており、震度6強~7まで耐えることができます。

また、耐震等級2は耐震等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えることができ、病院・学校などは耐震等級2の場合が多いです。

どうして耐震等級3が良いの?

耐震等級1でも十分に大地震には耐えることができる中、なぜ耐震等級3が注目されているのでしょうか。それはやはり、近年日本で地震が多発しており、今後さらに大きな地震が発生すると予想されているからでしょう。

耐震等級2であっても、複数回大きな地震が発生した場合、倒壊の危険性があり、実際2016年に起きた熊本地震では耐震等級2の住宅が倒壊したという事例もあります。

もちろん、耐震等級3も絶対倒壊しないとは言い切れませんが、家族の安全を守るために耐震等級3が最低基準だと考えた方が良いでしょう。

藤沢で地震に強い一戸建てを建てるなら石原工務店株式会社

藤沢で一戸建てを建てようとお考えの方は、石原工務店株式会社にご依頼ください。石原工務店株式会社では、許容応力度計算に基づく耐震等級3のクリアを目指します。パッシブ設計の概念を取り入れた省エネ住宅の施工も得意としており、自然エネルギーの活用を積極的に進めています。

これまで藤沢・鎌倉エリアを中心に一戸建て・公共施設全般を施工してきた実績があり、強くて・温かくて・涼しい家づくりが可能です。家づくりに役立つ各種イベントも開催していますので、藤沢で一戸建てを建てようとお考えの方はお気軽にお問合せください。

 

コラム監修・石原 貴司
住宅ローンアドバイザー 公認/不動産コンサルティングマスター/
宅地建物取引士/一級建築大工技能士/一級建築士

詳しくはこちら >

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×