USEFUL

お役立ちコラム

パッシブデザインで大事な5つの要素

注文住宅でパッシブデザインを実現するために大事な5つの要素とは?

皆さんは家を建てる際、何を重視しますか?外観のデザインや耐震などを重視する方も多いと思いますが、最近では環境に配慮したパッシブデザインも注目を集めています。パッシブデザインとは、自然エネルギーを利用して室内環境を快適にするデザインのことなのですが、これを実現するために大事な5つの要素があります。

断熱

断熱はパッシブデザインの基礎です。外気の熱を室内に伝えにくくし、室内で発生した熱を逃しにくくすることで、冷房設備の使用頻度を減らすことができます。

それぞれ基準が定められているのですが、断熱性能を高めるのは主に屋根・壁・基礎・窓の4つです。

日射遮蔽

夏場でも涼しい室内を維持するためには、窓から入る日射熱をカットすることが大切です。例えば、日射遮蔽に効果のある窓ガラスを設置したり、庭に落葉広葉樹やグリーンカーテンを植えたりするなどの工夫を行います。室内の温度上昇を抑えることで、エアコン代を節約することが可能です。

通風

卓越風向を取り込める開口部を設置したり、風の通りを考えた位置に窓を設置したりすることで、自然風を室内に取り込みます。

自然風を利用することで建物に溜まった熱を排出し、室内を快適に保つだけではなく、身体に風が当たることで涼しいと感じる効果があります。ポイントは、「外気温が低い時間帯や、涼しい日陰にある窓から風を取り入れる」ということです。

昼光利用

昼間の明るさを住宅室内に取り入れることで、人工照明の利用を減らします。例えば、天窓やトップライトを設けたり、南北二面に窓を設置したりと、太陽光をそのまま光として利用できるような設計を行います。

敷地条件により光が十分に行き渡らない場合には、部屋の壁を明るくして光を反射させたり、吹き抜けを活用したりするなどの工夫が必要です。

日射熱利用暖房

冬場、窓からできるだけ多くの太陽熱を取り入れることで、夜間に暖房として活用します。これを実現するためには「集熱」「断熱」「蓄熱」の3つが重要で、実現できれば室温変動を小さくし、暖房エネルギーの削減につながります。

主な設計として、床・壁・天井に蓄熱効果のある熱容量の大きい材料を使用したり、南向きの集熱開口部を増設したりするなどの方法があります。

 

以上、5つのポイントについて述べましたが、これらは地域の気象条件や敷地条件などにより求められる性能が異なります。大事なのは、その敷地の特性を検証し、これらのバランスを上手く整えることです。鎌倉で新築一戸建ての注文住宅を建てようとお考えの方は、石原工務店株式会社にお任せください。「地球環境に配慮した注文住宅」をモットーに、鎌倉・藤沢を中心に施工を行っています。

お客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウを持って誠心誠意お応えいたしますので、鎌倉で注文住宅をお考えの方はお気軽にお問合せください。

 

 

コラム監修・石原 貴司
住宅ローンアドバイザー 公認/不動産コンサルティングマスター/
宅地建物取引士/一級建築大工技能士/一級建築士

詳しくはこちら >

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×