24時間換気システム

間取り・設備

世の中、新型コロナウイルスが依然猛威を振るっており、一人一人の感染予防対策が大変重要となっております。各ご家庭でも様々な対策を講じていると思います。
そんな中、これから家を新築しようと考えていらっしゃる方の中には、新型コロナウイルス対策も取り込んだ家づくりを目指しているという方も多いのではないでしょうか。
例えば、玄関入ってすぐのところに大きめのシューズインクローゼットを設けて、毎回洗濯することが出来ないコートやジャケットの類を掛けておくスペースをつくると、家の中へのウイルス持ち込みを少しでも抑えることができそうです。また、同じく玄関入ってすぐのところに手洗いスペースを設ける方も増えています。
そして、室内での対策として「換気」の重要性も示されています。こまめな換気が推奨されていますが、家の重要な設備の一つ、換気システムも気になるところですよね。

 

おはようございます。
石原貴司です。                                                                         

 

現在、家を新築するにあたり、24時間換気システムを設置することが義務付けられております。皆様も耳にしたことがあると思いますが、シックハウス症候群がかつて大きな社会問題となりました。このような健康被害を被らないよう、建材の使用を規制したり、換気設備の設置が義務付けられました。
最近の住宅は以前と比べて気密性が高くなってきております。そのため、家の中の空気の循環が悪く、空気がこもってしまうので、シックハウス症候群を発症してしまう原因にもなってしまいます。そうならないように、24時間換気システムが義務化されました。

 

24時間換気システムには、「第一種換気システム」「第二種換気システム」「第三種換気システム」と方法は3種類あるのですが、住宅で使われる換気システムの中で最も多く使用されているのは、「第三種換気システム」です。
「第一種換気システム」は、室内の空気を外に出す排気と、外の空気を取り入れる給気の両方を機械で行います。
「第二種換気システム」では、給気を機械で行いますが、排気は自然に任せています。
「第三種換気システム」では、排気を機械で行いますが、給気は自然に取り込みます。

 

ではここで、弊社標準仕様の換気システムはというと、「第一種換気システム」を採用しております。弊社施工の住宅は高気密高断熱の住宅です。冬でも室内を暖かく保つことが出来ますが、一方で家の中の空気を、快適な温度を保ったまま循環させ、新鮮な空気と入れ替えていくことが重要です。そこで弊社では、気密性を高く確保しながらも、空気の循環を良好にして新鮮な空気を取り込み、さらに湿気対策もすることが出来る換気システムを標準仕様としております。
その換気システムについては、もったいぶるようですが、次回のブログでご紹介したいと思います。

 

それでは・・・!

 

 

 

 

 

 

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×