セッション

中古住宅のリノベーションならではの家づくり

その他

前回のブログで湘南・鎌倉エリアは、
人気の高い古民家を含めとても品質の良い中古住宅が多く眠っている
宝の山のようなエリアであるというお話をしました。
今回はそんな中古住宅のリノベーションならではの家づくりや考え方についてお話ししようと思います。

おはようございます。
石原貴司です。

リノベーションとは、既存の建物に工事を加え住む人のライフスタイルなどに合わせながら、
より暮らしやすく、価値を高めていくことです。

メリットはコストパフォーマンスだと思います。
おそらく新築の三分の二程度で収まるのではないでしょうか。

例えば土地を購入したとして、更地に家を建てるために解体が必要な古家があったとします。
解体費用って結構大きな負担なんです。

リノベーションであれば、当然ながら使えるものは使います。
なので、新たに仕入れなければならない材料もぐっと減らせます。

そしてこんな考え方もあります。

湘南・鎌倉エリアは、子育て世代を中心に根強い人気のエリアです。
そのため土地代の上昇は続いています。
家を建てたくてもちょっと予算的に厳しい・・・。

そんな時、もしかして中古住宅なら
希望のエリアでの家づくりが叶うかもしれません。
経済的なハードルが上っている中、少しでも価格を抑えるべく、
中古住宅を購入してリノベーションするという選択肢はとてもおススメです。

家づくりに対する考え方として、
新築で家を建てる場合、「終の住処」という概念を持たれているという方が多いと思います。
一方、中古住宅を購入してリノベーションするという方には、
「ライフスタイルのステージに合わせた家づくり」を考える方が多いように思います。

たとえば子育ての期間は海沿いの自然豊かな環境で過ごす。
子供が巣立ち老後のことを考えるようになり、新たにエリアを変えて暮らすことを考える。
その時はリセールして、またリノベーションも含めてその状況に合わせた家づくりをする。

リノベーションを選択したことによる費用面でのメリットなども含め、
ライフステージにあわせて家づくりを考えることで「家」も無駄のない投資になるのではないでしょうか。

それでは・・・!

スタッフブログ 石原工務店の家づくり STAFF
×