住み慣れた我が家 老後を見据えて安心快適のリノベーション

築40年の住宅リノベーション

大切な時間を過してきた空間を、ただ単に新しい機能の設備へと替えることだけがリノベーションの本質ではありません。建物や設備の機能を回復、向上させた上にそこに住む人の暮らし方や健康を考えて、生活の質、居住空間として価値を高めることを目標としています。

  • 主に水廻りエリアのリノベーションです。

    主に水廻りエリアのリノベーションです。

  • 老後に向けてのバリアフリー化を目指して、一部増築しつつ生活動線や健康に配慮した住空間づくりを目指しました。

    老後に向けてのバリアフリー化を目指して、一部増築しつつ生活動線や健康に配慮した住空間づくりを目指しました。

  • お風呂はタイル張りでしたが、ユニットバスへ。

    お風呂はタイル張りでしたが、ユニットバスへ。

  • ユニットバスは、水はけの良い床材を使用しているのでお掃除も楽です。

    ユニットバスは、水はけの良い床材を使用しているのでお掃除も楽です。また、気密性にも優れているので暖かく高齢世代にも安心です。

  • 洗面所の改修は、クロスを替え、床を無垢フローリングへと変更。

    洗面所の改修は、クロスを替え、床を無垢フローリングへと変更。また、開き戸をすべて引き戸に変更しています。

  • 一番奥のトイレから洗面台まで、引き戸を開けておけばバリアフリーで一直線の動線です。

    一番奥のトイレから洗面台まで、引き戸を開けておけばバリアフリーで一直線の動線です。

  • 洗面台や棚などの機器も、機能的で掃除しやすい新しい機器に交換しています。

    洗面台や棚などの機器も、機能的で掃除しやすい新しい機器に交換しています。

  • こちらにはトイレがありましたが、トイレは新たな場所に増設しました。

    こちらにはトイレがありましたが、トイレは新たな場所に増設しました。

  • 将来を見据え、ドアは引き戸に、手すりを設置しバリアフリー化しています。

    将来を見据え、ドアは引き戸に、手すりを設置しバリアフリー化しています。

  • 元々トイレがあった場所は、新たに収納スペースへと生まれ変わりました。

    元々トイレがあった場所は、新たに収納スペースへと生まれ変わりました。

  • 和室は畳を替え、たんすの下の床を張り替えています。

    和室は畳を替え、たんすの下の床を張り替えています。

  • 新たにエアコンも設置。

    新たにエアコンも設置。

  • ダイニングキッチンは床を無垢フローリングに。

    ダイニングキッチンは床を無垢フローリングに。照明を蛍光灯からLEDダウンライトに。部屋全体の印象が明るくなりました。新しいLED照明は電気代の節約にもなるでしょう。

  • トイレ、洗面所、キッチンへとつながる動線は一直線でバリアフリー。

    トイレ、洗面所、キッチンへとつながる動線は一直線でバリアフリー。足元の無垢フローリングは身体にも優しい自然素材です。家の中での毎日の動きを快適に、より安全に。明るく安心して過ごせるご自宅で日々の暮らしを楽しんでいただけたら幸いです。

スタッフブログ 石原工務店の家づくり STAFF
×