小田原 リノベーション 令和らしく住む築70年の古民家

~リモートワークを機に移住~

お施主様は30代女性。パートナーの男性と都市部にお住まいでしたが、このご時世でリモートワークに切り替わったことを機に、神奈川県西部の海沿いの地に移住。築約70年の古民家と出会い、購入されました。すでにリノベーションされた物件でしたが、ビニールクロスなどの化学物質を含んだ製品による装飾を、自然素材のものへと変更を希望されていました。

~ご縁のきっかけは「古民家」というキーワード~

「古民家」というワードで検索していたら、弊社にたどり着いたお施主様。江戸時代から家をつくり続けている石原工務店にお任せいただけることになりました。

~お施主様のご要望を叶えた古き良きデザインと今の時代らしさ~

お施主様からのインテリアに関するご要望の中に、「前川國男自邸モチーフ」「ミッドセンチュリー」「和洋折衷」というキーワードがありました。戦後間もない時期につくられた古民家に、これらの要素をいかに加えていくのか。それだけではなく、住む人の快適さと、今の時代に合った利便性も兼ね備えたリノベーションをご紹介いたします。

~第8回全国リフォームアイデアコンテスト2022準グランプリ受賞~

素敵なデザインによって毎日が楽しくなったり、使い勝手がよくなったりと、リフォームには豊かな暮らしを実現する知恵が詰まっています。「こんな家に住みたい」「こうやって快適にすればいいんだ」というリフォームアイデアを集めたコンテストで、準グランプリに選ばれました!

  • どこか懐かしく、その家に帰ってくる人を、また訪れる人をやさしく迎え入れてくれる玄関。

  • なかなか広い玄関ホールなど確保できない現代の住宅事情。この広さ、余裕のある空間は圧巻です。

  • 玄関から敷台を経て広間、和室へ。二つの空間を分けることなく、一体的に利用することで広々使っています。広間には、エイジング加工した無垢床を採用しました。

  • 広間を経由して二つの動線を用意。一つは洋風リビングへ。二つ目は純粋な和室へ。新しい空間と既存の空間が自然に馴染んだ空間。

  • リノベーションというと、既存の間取りや仕様をリニューアルして新しい空間をつくり出すというイメージかと思いますが、お施主様のご要望は和洋折衷ということで、既存の和室はそのままに、新しいデザインに取り込みました。

  • 大きく手を加えたところは、減築という手法によって、新たに中庭をつくり出したこと。暗くなりがちな古民家に明るさという新たな付加価値を。

  • 和室にまで光を届ける中庭。家が小さくなるというネガティブなイメージの減築ですが、弊社が得意としている減築は、減らすことでつくり出す、明るさと開放感です。

  • 中庭に面して配置されたダイニング。和室の壁を取り払うことで、ダイニングからも和室の外に広がる日本庭園を眺められるという、贅沢で開放的な空間となりました。

  • インテリアを考える際に留意した点は、和室の持つ自然素材の風合いと、洋室のインテリアの連続性を保つこと。コストパフォーマンスも鑑み、壁紙には漆喰クロスを採用しました。

  • フローリングはすべて無垢材を使用。落ち着いた発色のオークなどのエイジング加工品は、市場に流通していますが、高価。そこで、パインの無垢材にオイルステインで着色し、エイジング加工することで価格を抑えました。

  • 広間、和室、LDKを一体的にした圧倒的な空間。和室を中心とする、いわゆる「古民家」から、ミッドセンチュリーデザインのLDKを軸とし、和室を取り込んだ和洋折衷な室内です。

  • 漆喰クロスの壁の白と、エイジング加工したこげ茶色の無垢床が美しいこの空間の先に、寝室、書斎、浴室、大型のウォークインクローゼットを配しています。家の正面から見える純和風の日本家屋と、ミッドセンチュリーデザインの新しくうみ出された空間が程よく調和し、令和の時代の家づくりの特徴も加わった住宅です。

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×