大谷石採掘場跡

大谷石ってご存知ですか?
軽石凝灰岩の一種で、栃木県宇都宮市大谷町一帯が産地の石材です。
柔らかくて加工しやすく、耐火性に優れており、古くから住宅や土蔵、
防火壁、石塀、門柱、敷石、石垣などに使用されてきた建築素材なんです。

その大谷石をかつて採掘していた大谷採掘場跡。
こちらはなんと、地下30メートルのところに巨大な地下空間が広がっています。


その広さは約2万平方メートル!!野球場がすっぽり入ってしまう程の
広さです。


実際稼働していたのは1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの
約70年間で、戦争中は地下の秘密工場として使われ、また戦後は政府米の
貯蔵庫にもなったそうです。

現在では、コンサート、演劇、美術展会場として利用されるほか、
映画撮影やミュージックビデオの撮影なども行われています。


素敵なライトアップやオブジェが飾られ、とても幻想的で、まるで
巨大な地下神殿のようです!

 

機会があったら是非足を運んでみてください。
地下の平均気温は8℃なので、羽織るものをお忘れなく!

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ