住宅密集地では・・・

これから土地を購入して、家を建てるとしたら、どんな所にどんな家を建てたいですか?
海辺の高台、緑が豊かで静かな所、駅や商業施設からも近い便利でにぎやかな所、
などなど、ライフスタイルや様々な条件によると思いますが、
もしも購入を検討している土地が住宅密集地である場合に、ちょっと気にしておいたほうが
いいポイントをお話したいと思います。


こんにちは。
石原貴司です。

注意すべきポイントとは、『隣に建っている家が古くないか』ということです。


その理由は、まず隣接する家が老朽化している場合、シロアリが発生している可能性が高い
からなんです。怖いシロアリが、お隣から飛んでくる可能性も充分あり得ます。


それから、万が一隣家で火災が発生した場合、最近の耐火基準とは違い燃えやすい構造に
なっているため、近隣に被害を及ぼす可能性があります。


また、もしも大きな地震が発生した際には、隣家の倒壊により被害を被る可能性もあります。
さらに、家屋倒壊による火災発生も怖いですね。


土地購入の際には、環境、日当たり、地盤、前面道路、治安などはチェックする方が多いかと
思いますが、住宅密集地などの土地を購入する場合は隣接する家屋の老朽化もチェック項目に加えていただければと思います。

それでは・・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ